2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お買い得ウィジェット

無料ブログはココログ

EXILIMの人気について考える

自撮りに特化したカシオのカメラ「EXILIM EX-TR15」が大人気である。
実売価格8万円のこのカメラ、限定3000台ということもあってか、すぐにプレミアがついた。
発売から10日ほど経過したが、10万円台で売られているようだ。

フレームが回転するだけで、取り立てて特徴のないこのカメラに何でこんな価格がつくのだろうか?と疑問に思われた人も少なくないだろう。実際、スペックの面で際立っているのは、人の肌を白く見せる美白モードと、秒間240fpsのハイスピード撮影くらいのものである。wi-fiで画像転送できるなんてのは、取り立てて自慢できるような機能ではなくなっている。
それでも、この価格が下がらないのは、カシオの販売戦略もさることながら、アジアでの圧倒的な知名度によるところが大きいのではないかと思う。

かつて、海外で「BlackBerryを持っている人はセレブ」といった風潮があったように、デジカメの世界では「自拍神器(このシリーズの中国での呼称らしい)を持っている人はセレブ」なのである。
そんなブランド力を持ったカメラ、日本にそのまま持ってくればたちまち値崩れを起こし、ブランドイメージの低下を招くであろう。日本で発売はされたが、これは日本人に比べても圧倒的に自撮りが好きなアジアの人たちに向けたカメラなのである。日本向けでないものが日本のデジカメと対等な価格でやってくるわけがない。商売やっているカシオからすれば、この価格は妥当なものなのではないだろうか。

俺は、このカメラの10万円を超える価格は、適正だと思っている。
むしろ、デジカメの独自性を忘れ、四角いカメラに縛られたメーカーは、カシオの姿勢を見習わなくてはいけないのではないか?
デジカメが世の中に普及し始めた頃のデジカメは、楽しかった。名機QV-10だってレンズは回転したし、ニコンのCoolPixだってスイベル式と呼ばれる回転機構で一世を風靡した。ハニカムCCDにポルシェデザインのFinePixもカッコよかった。フィルムカメラにできないことを実現するのがデジカメの存在意義であるかのごとく、あの頃のデジカメには独自の個性を主張する土壌があったように思う。
(もちろん、実用に堪えない画質の改善も見逃せない点ではあった)

しかし、コンデジの画素数が600万を超えたあたりから、デジカメ全体のデザインに面白みがなくなってきた。
いわゆる、クラシカルなデザインに回帰してしまったのである。
画質のみにこだわるハイエンドのデジカメならまだしも、普及帯のカメラもおしなべて同じようなデザインになってしまった。個人的には残念なことであった。
そんな中、カシオはデジカメの可能性を常に追求していた。初代EXILIMはフィルムカメラにはあり得ないサイズと当時としては画期的な起動速度、プレビューの切り替えの速さを誇った。MP3の再生機能までついていた。その後もハイスピード撮影、HDR(カシオが初めてではないかもしれないが)など、フィルムカメラとの対決軸を次々と打ち出した。
これらの技術は一朝一夕になし得るものではなく、きっと技術者の努力の結果生み出されたものなのだと思う。TR15も、今まさに失われつつある価値(=ギミック、デザイン)に対して、その良さが中国の有名人に紹介されて成功したモデルなのだ。

TR15の成功は、私たちに「商品の価値とは何か」という命題をあらためて突き付けた。
今のデジカメを見ていると、メーカーはデザインをもっと工夫しないといけないよな、と思うのであった。

EOS M まもなく発売

キヤノンより、9月29日にカメラが発売される。
その名はEOS M。キヤノン公式サイトの紹介によると、「エントリーユーザー向けミラーレスカメラ」という。デジカメで、気軽に高画質な写真を撮りたい人向けのカメラということができそうだ。

ところで、ミラーレスとは何のことか。
カメラにこだわる人がよく使う「一眼レフカメラ」というのには、レンズに入ってきた光をファインダーに通すためのミラーがついている。シャッターを切ると、このミラーがパタッと倒れて、レンズの光を受光素子へ導く。
ミラーレスカメラは、このミラーがついてない。レンズの光は受光素子に当たっているので、光学式のファインダーのかわりに液晶ディスプレイを使ってこれを表示する。

ミラーがないと、本体を薄く、軽くすることができる。一眼レフはでかいので、手軽に高画質を得たい人にはおすすめのカメラといえよう。
また、ミラーレスカメラは、レンズを交換することができることが特徴だ。EOS Mの場合、EF-Mマウントという新規格のマウントを使うことになるが、従来のレンズも使えるようにアダプタが同時発売される。EFマウントの資産を生かすことができるというのは、これまでキヤノンのレンズを使ってきた人には朗報だろう。EF-Sマウントはどうなのかというこが公式サイトには書いてないが、同マウント用の白い目印が製品に見えることから、問題なく使用できることが考えられる。

キヤノンが2003年に「EOS Kiss Digital」を出した時、そのクオリティと実売価格の安さ(レンズキットで13万円)で業界には革命が起こった。この年、デジタル一眼レフが爆発的に普及するわけだが、キヤノンはミラーレスカメラでは業界最後発となった。
しかしその分、他社の製品をじっくり研究することができたわけで、その完成度に期待が高まる。
コンパクトデジカメとは一線を画す高画質とともに、秋の旅に出るというのもいいかもしれない。
構造上難しいと思うが、防水だったりすると嬉しい。
(あと耐衝撃も)

携帯がいきなり再起動する不具合について

携帯電話が着信時にいきなり「PINコードを入力してください」の画面になってしまったことがあった。
故障かと思い電話で問い合わせたところ、「SIMカードをふいてください」とのこと。
そんなんで解決するかー!と思ったが、とりあえずふいてみたところ問題は解決した。
同じ不具合でお悩みの方、SIMカードをふいてみるとよいでしょう。
なお、問題が解決しない時にはサポセンに問い合わせるのがよろしいでしょう。

ストロボをつけてみる

先日ヤフオクで競り落としたPowerShot G2。いくつかおかしなところはあるけれど、ちゃんと撮影できるのでまあよしとする。
ところで、このカメラを買った理由は「写りがいいとされているから」の他に、EOS Kiss Digitalシリーズのオプションが流用できることもある。そこで、今日はEOSのために購入したストロボを装着してみた。

G2

<- 購入したG2。400万画素なれど、その画質は現役で通用する(と俺は思っている)

うむ、なかなかいい面構えではないか。はやりのデジカメのようなデザインの美しさはあんまり感じられないが、無骨な感じがして、無口な職人を彷彿とさせると思う。きっとこいつが人間でも、いい仕事をするのであろう。
んで、ストロボをつけるとこうなる。

G2naname

でけえ~!

PowerShot G2

キヤノンのPower Shotというデジタルカメラのシリーズがある。
2000年頃に登場したキヤノンのハイエンドシリーズで、EOS Kiss Digitalが出るまでキヤノンのフラッグシップを担っていた。
ヤフオクでしばらくG3(2002年発売)を狙っていたが、そのひとつ前のG2が5500円で出品されていたため速攻落札。現在支払いも終了して商品到着待ちである。
G2は2001年に発売されたデジガメだが、そのレンズが非常によくできたものであるという評価を受けている。後継機種も出たけれど、画素数や手ブレ補正機能が強化されるかわりにレンズが暗くなっていく、といった具合である。どちらが自分にとって望ましいか、最終的には出力されるL版サイズのプリントとなるのだが、価格も考えるとバリバリG2が勝っている気がする。なお、これを書いている時点で現行モデルのG7は50,000円強
G2を買った理由のひとつは、現在活用しているKiss Digitalの電池がそのまま流用できること。放電器がないので、すこしでもバッテリーの使用頻度を上げてやらないとバッテリーに悪い気がしてならない。Kissで放電してやればよいのだけど、おっくうでなかなか着手してない。
もはや旬を過ぎた商品ではあるけれど、6年前に10万円で取引されていたものが5500円で買えるとは。いい買い物したと思う。