2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お買い得ウィジェット

無料ブログはココログ

本日のネット漂流記

本日はお休みをいただき、ひたすらOB会のために活動していた。
300通以上の郵便物を印刷、折り、封入、とじ、そして料金別納で郵便局に出し終わった頃には午後3時を回っていた。普段の仕事と同じかそれ以上くらいがんばった。その後近くの町へ出て献血した。献血ルームは、みんな優しくしてくれた。

帰宅して、食事して、お酒飲もうと思ったけど献血した日はNGなので自粛。
ネットをウロウロすることにした。今日のお題はスワローズ。いちばんインパクトがあったのはガイエルかな。どうやら空間をゆがめる特技を持っているらしいが、プロ野球の選手になる前に超能力者になったほうがよかったのではないだろうか。
そんな(比較的どうでもいい)情報を見ていたら、ふと「燕市」なるキーワードが俺の中にひっかかってきた。燕市は新潟にある市で、新幹線の燕三条という駅がある。ここは、駅名を「燕三条」にするか「三条燕」にするかでお隣の三条市民と論争が起こったらしいのだが、詳しい事は知らない。というか覚えてない。
その燕市には「磨き屋シンジケート」なるものが存在する。こちら
燕市が誇る研磨技術集団をそう呼ぶのだが、彼らがiPodを磨いていたことはあまり知られていない(俺も未確認)。今もやっているのかは知らないが、あのテカテカはMade in Japanだったのである。日本の職人技術があんなところに応用されていたとは、まことに誇らしい。世界中のみなさん、燕市の職人さんたちに感謝していいよ。
そんな磨き屋シンジケートの中に、俺の物欲を強烈に刺激する一品を発見した。その名も

マグカップ

複数の研磨集団が、その技術の粋を集めて作ったマグカップで、コレにビールを注ぐと泡がなかなか消えない、温度がなかなか上がらないビールになるそうだ。ビールの理想形じゃないか…
値段は少々高いが、一生もんの買い物になりそうな予感がする。

ともあれ、燕市には行ったことがないので、三条市とともにその歴史、職人技を見学しに行くのも楽しそうかな、と思った。画面の見過ぎで頭がクラクラしてきたので、以上。

野球観戦

いつも行ってる球場に、野球を観にいった。
まだ開幕して間もなくなので、寒かった。昼間は暖かかったのに。
試合展開もかなり寒く、エースががんばってるのに点が取れない展開。
すると相手の5番バッターに2打席連続で一発食らって負けてしまった。
後ろに座っているグループは、レフトスタンドが満員で入れずにライトスタンドにやってきた人たち。
「キミたち、こっち側のスタンドでは応援するチームが違うぞい」と言っていいものかどうか、迷ったので黙ってた。
彼らは応援していたチームが勝ったので、気持ちよく帰ったに違いない。
俺は、収穫のない試合の内容を振り返ることもなく、電車に乗り込んだ。
電車は混んでて帰りもつらかった。

でも、野球観戦の面白さを久しぶりに体感した。
特に秀逸なのが、選手の応援である。
みんなが独自のアイテムを持ち寄って、それぞれのチームごとの応援を繰り広げる。
同じ色のタオルを振り回したり、風船を飛ばしたり。みんなでジャンプしたり。
こうやってみんな、ストレスを発散しているんだなあ、と思った。
ライトスタンドのみなさんは、今日は逆にストレスをため込んで帰る結果となってしまった。
残念だけど、負けることもあれば勝つこともあると思うので、気長にいきましょう。

<余談>絶対はやらないだろ、これ
2012.4.5に撮影した【ノミスケさん】さんの【初心者広場】での写真です。

野球観戦

先週のある日、先輩からいただいたプロ野球のチケットを握りしめて神宮球場へ向かった。
スワローズとドラゴンズの試合。応援していたのはドラゴンズだったが、一緒に観戦しようと誘った友人がスワローズびいきだったため、魂を捨ててライトスタンドへ陣取った。
18時プレイボールで、俺が球場についたのが19時前。事前の連絡で、スワローズがリードしていることは知っていた。そして、俺が外野席の階段を上って、どうなってるかなと様子をみた刹那、快音が響いてドラゴンズが同点に追いついた。
俺が到着してからはドラゴンズペースで試合が進んだ。友人のイライラは募る一方である。
ここはビールだ。神宮球場においては、「俺らはこの人からしかビールを買わない」という売り子のおねえさんがいる。どんなに遠くにいても、必死の(売り子への)声援で呼び寄せて、歓喜の一杯をやる、というのが神宮における楽しみの一つになっている。
なにせ、そのお姉さんからしか買えないもんである。ビールの補充に行ってる時や、こちらに気づいてもらえない時などはしばらくお預けを食うことになってしまう。俺は、チームの応援も忘れておねえさんに「おーい! おーい!!」ってやっていた。それがまずかった。

どうやら、俺の様子がオーロラビジョンに映っていたらしいのだ。友人から指摘されてハッと確認するも、すでに俺の姿はなく、本当に自分が映っていたかどうかを確認することはできなかった。
しかしながら、周囲の話を総合すると、俺がめちゃくちゃ高いテンションで飛び跳ねていたらしい。
はずかしー!!

試合はドラゴンズが勝ちました。

WBC2連覇

日本代表を応援していたので、素直にうれしいWBC優勝。
選手のみなさん、おめでとうございました。
いやなことばっかりの一日だったけど、日本の優勝はとっても明るいニュースだった。

あと、はじめて週刊誌を買った。
今週の週刊ポスト(井上和香が表紙のやつ)に、友人の友人が出てるというので買ってみた。

東京マラソンを観た日

朝から風の強い一日であった。
今日は東京マラソンを観戦しに、日比谷公園に出た。
日比谷公園は10kmのゴール地点となっている場所であり、ランナーたちは比較的元気に、さっそうとギャラリーの前を通り過ぎるのであった。あまりの速さに目がついていかず、先輩をひとり確認しそこなった。
日比谷公園から先、ランナーは品川まで南下して折り返してくる。ふたたび日比谷公園に戻ってくるのは20kmを越えたあたりなんだが、ここで友人と後輩の友人を発見。ひとまずの目標を達したわれわれは、山手線のガード下まで移動し、昼食。
この後は単独行動だ。ビッグサイトのゴール付近で友人を待とうという作戦であったが、昼食をゆっくり食べすぎたせいか、友人のゴールのほうが先であった。ゴールした選手は更衣室に行った後に出てくるのだが、ゴールしてから1時間半ほど経っても出てこなかったので、もう帰ろうかなと思って駅に向かっていたら電話がかかってきた。
その後友人と合流し、ごはんを食べて帰宅した。

今回の東京マラソンのニュースとして、印象に残ったものをいくつか挙げておこう。
☆松村邦洋が一時意識不明に
○かつらランナー 高田伸昭が17位の力走
・完走率97%
・俺 マラソン初観戦

天気は悪かったけど、ランナーも沿道で応援している人も、いい顔していた。
東京マラソンに関わった皆様、どうもおつかれさまでした。

フットサルの練習

フットサルの練習をしたら、30分ほどでバテた。
めちゃんこ汗をかいて、健康的だったけどもう動けない。
明日は前期の納会。これを読んでる部活関係者の方、ぜひお越しください。
13:00 納射会
夕方 コンパ(学内でやります)
お待ちしてマース!

ワールドユース編

仕事帰りに購入した「キャプテン翼 ワールドユース編」。全18巻を1冊170円で購入し、ついでに「ボクは岬太郎」及び「ワールドユース 特別編」も購入。本編18巻を読破した。
翼のマンガとしての弱体化を指摘されることの多いワールドユース編だけど、キャラの交通事故が多すぎたように思えた。
そんな中、今回特に感銘を受けたのが、日向のひとこと。

ボールがこねェ!

スポーツの秋

今年の秋は暖かいと思う。
そして、この週末はこれでもかとスポーツざんまいだった。
まずは11月11日、今年はじめて集団で山歩きにいってきた。歩いてきたのは、群馬県にある十二ヶ岳。15キロほど歩いたが、左足アキレス腱の上が痛くなった。たいしたことはなかったけれど、次に山に行くまでに治しておきたい。帰りに春日部の居酒屋に寄ったが、ここでの酒はとてつもなく面白かった。今年の新入職員は、明らかに笑えるとあらためて思った。
そして本日、午前中は西武球場でお楽しみ野球大会が行われ、幸いにも西武ドームで野球の試合をする機会に恵まれた。前日あまりに激しく歩いたため、寝坊した。俺は足が痛かったので控えだったけど、途中参加で西武ドームを満喫した。抽選で野球大会を引き当ててくれた同期に感謝したい。試合は5-1で勝利した。
祝勝会に参加したかったが、今日は稽古に参加することになっていたのでそのまま帰宅。ラーメンを食べて午後は弓道の稽古に参加した。秋風が気持ちよかったが、夕方になって寒くなってきた。稽古にきていた後輩とラーメンを食べ、ようやく帰宅。洗濯機を2回まわして今に至る。
これからどんどん寒くなって、いよいよシーズンもオフとなってくる。体を動かすのもおっくうになってくるけれども、年末にスキーにいくための体を作っておかなければ。