2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お買い得ウィジェット

無料ブログはココログ

« 2014年1月 | トップページ | 2014年5月 »

ビットコインについて考える

ビットコインという仮想通貨の取引所が取引を停止し、利用者から抗議の声が上がっているという。
これは「お金」というものがいかに信用ならないものかを示しているものといえる。

お金の起源を考えてみる。お金という概念が誕生するまで、人はモノとモノを交換していた。着るものと食べるもの、木材と果物など。
それでは不便が生じるので、人はお金を生み出した。お金という概念を用いることで、人はモノを持たずに(お金を持つことで)取引ができるようになった。
ここで考えなくてはいけないことは、「誰がそのお金の価値を担保するのか」ということだと思う。食べ物に代表される「モノ」は、人によってその価値が決まっている。しかし、お金の価値というのは「お金に信用を与えること」ではじめて生まれるものである。日本では日本銀行が「円」という通貨にその価値を与えている。

極端な話になってしまうが、ハイパーインフレが起きたとすると、お金の価値はただの紙くずである。
そうならないように、お金の流通量は国や国同士の枠組みによって厳重に監視されている。
(それでも問題が起こる時は起こる)

ビットコインに話を戻す。ビットコインの利点は、中央機関が存在しないことにある。P2Pの仕組みを使うことにより、トランザクションを分散させている。海外への送金には手数料が多くかかるが、ビットコインを使うとこれが安くなる。
ところで、中央機関がないということは、ビットコインの価値を担保する機関が存在しないということと同義である。ビットコインの流通量が増えたとしても、それはビットコインの価値を高めることにはならない。人々の信頼によって成り立っているネットワークなので、不正を働こうとしている人間の悪意までも、完全に排除することはできない。
これを聞いて、私はかつて日本中を騒がせた「winny」を思い出した。winnyもその利便性とは裏腹にコンピュータウィルスの温床となり、様々な問題を引き起こした。

ビットコインも、資金洗浄や不正送金などの問題を抱えている。
これらのサービスは、素人がうかつに手を出すと大やけどする。
君子危うきに近寄らずという先人の言葉にならい、自分が完全に理解していないものに対しては慎重に行動するようにしたい。

« 2014年1月 | トップページ | 2014年5月 »