2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お買い得ウィジェット

無料ブログはココログ

« 「高熱隧道」を読む | トップページ | 「黒部の太陽」を観る »

抵抗勢力

新田次郎著「昭和新山」を読んだ。

昭和新山とは、昭和19年くらいから平地で火山活動が起きて、標高300メートルを超える山になってしまったという成り上がりの山である。
この山の出来上がる過程を子細に観察した三松正夫という人がいて、この人は最終的に、私財を投げ打って昭和新山を買い取ってしまった。
戦後、観光ブームがやってきて、昭和新山を億の値段で買い取ろうとする人が現れるが、三松は「私は研究のために昭和新山を買ったのであり、商売目的ではないのである」といって最後まで山を手放さない。
小説で主人公となる「美松五郎」のモデルとなった三松氏は、郵便局長の傍ら昭和新山の観察を続け、その観察報告は世界中で絶賛されることになる。

しかし、俺が言いたいのは、三松氏の業績もさることながら、この事実を隠蔽しようとした警察の体質である。
折しも昭和19年は戦争まっただ中。住民に無用な混乱を与えることは、戦時体制を揺るがしかねない大きな問題に発展する恐れがあるとのことで、昭和新山のニュースは全く報道されなかったのだという。
また、火山に対する知識、経験のない警察が治安・安全の確保を目的に居座り、住民から疎まれながら少ない備蓄を食い荒らしたのだと小説には記されている。実際に、警察は何も役に立たず、むしろ専門家に近い三松氏に対して警戒を強めていたという。
新田次郎の小説には、しばしばこういった反官的な記述が見られる。そのため、これがどれほど確実な情報であったかは分からないが、個人的にはそういう動きもあったのではないかと推察する。

公権力という言葉にもあるように、警察は合法的な権力を有したリヴァイアサンだ。対極にある勢力との決定的な違いは、合法であるかどうかに尽きる。
こういった人たちが、オラオラ言いながら危険地帯に足を踏み入れ、安全維持という大義を背負って威張り散らす。この時代の警察は、俺の最も嫌いな人種である。
このような態度は後になって禍根を残す。きっと、今でも昭和新山周辺の警察官は肩身の狭い思いをしていることであろう。
いずれにしても、三松氏の遺した学術的に偉大な成果が、お国の都合によって亡きものとされなくて良かった。昭和新山にはいずれ行ってみたい。

« 「高熱隧道」を読む | トップページ | 「黒部の太陽」を観る »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「高熱隧道」を読む | トップページ | 「黒部の太陽」を観る »