2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お買い得ウィジェット

無料ブログはココログ

« 「黒部の太陽」を観る | トップページ | 週刊ヤマケイ »

EOS M まもなく発売

キヤノンより、9月29日にカメラが発売される。
その名はEOS M。キヤノン公式サイトの紹介によると、「エントリーユーザー向けミラーレスカメラ」という。デジカメで、気軽に高画質な写真を撮りたい人向けのカメラということができそうだ。

ところで、ミラーレスとは何のことか。
カメラにこだわる人がよく使う「一眼レフカメラ」というのには、レンズに入ってきた光をファインダーに通すためのミラーがついている。シャッターを切ると、このミラーがパタッと倒れて、レンズの光を受光素子へ導く。
ミラーレスカメラは、このミラーがついてない。レンズの光は受光素子に当たっているので、光学式のファインダーのかわりに液晶ディスプレイを使ってこれを表示する。

ミラーがないと、本体を薄く、軽くすることができる。一眼レフはでかいので、手軽に高画質を得たい人にはおすすめのカメラといえよう。
また、ミラーレスカメラは、レンズを交換することができることが特徴だ。EOS Mの場合、EF-Mマウントという新規格のマウントを使うことになるが、従来のレンズも使えるようにアダプタが同時発売される。EFマウントの資産を生かすことができるというのは、これまでキヤノンのレンズを使ってきた人には朗報だろう。EF-Sマウントはどうなのかというこが公式サイトには書いてないが、同マウント用の白い目印が製品に見えることから、問題なく使用できることが考えられる。

キヤノンが2003年に「EOS Kiss Digital」を出した時、そのクオリティと実売価格の安さ(レンズキットで13万円)で業界には革命が起こった。この年、デジタル一眼レフが爆発的に普及するわけだが、キヤノンはミラーレスカメラでは業界最後発となった。
しかしその分、他社の製品をじっくり研究することができたわけで、その完成度に期待が高まる。
コンパクトデジカメとは一線を画す高画質とともに、秋の旅に出るというのもいいかもしれない。
構造上難しいと思うが、防水だったりすると嬉しい。
(あと耐衝撃も)

« 「黒部の太陽」を観る | トップページ | 週刊ヤマケイ »

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6030/55767001

この記事へのトラックバック一覧です: EOS M まもなく発売:

« 「黒部の太陽」を観る | トップページ | 週刊ヤマケイ »