2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お買い得ウィジェット

無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

本日のネット漂流記

本日はお休みをいただき、ひたすらOB会のために活動していた。
300通以上の郵便物を印刷、折り、封入、とじ、そして料金別納で郵便局に出し終わった頃には午後3時を回っていた。普段の仕事と同じかそれ以上くらいがんばった。その後近くの町へ出て献血した。献血ルームは、みんな優しくしてくれた。

帰宅して、食事して、お酒飲もうと思ったけど献血した日はNGなので自粛。
ネットをウロウロすることにした。今日のお題はスワローズ。いちばんインパクトがあったのはガイエルかな。どうやら空間をゆがめる特技を持っているらしいが、プロ野球の選手になる前に超能力者になったほうがよかったのではないだろうか。
そんな(比較的どうでもいい)情報を見ていたら、ふと「燕市」なるキーワードが俺の中にひっかかってきた。燕市は新潟にある市で、新幹線の燕三条という駅がある。ここは、駅名を「燕三条」にするか「三条燕」にするかでお隣の三条市民と論争が起こったらしいのだが、詳しい事は知らない。というか覚えてない。
その燕市には「磨き屋シンジケート」なるものが存在する。こちら
燕市が誇る研磨技術集団をそう呼ぶのだが、彼らがiPodを磨いていたことはあまり知られていない(俺も未確認)。今もやっているのかは知らないが、あのテカテカはMade in Japanだったのである。日本の職人技術があんなところに応用されていたとは、まことに誇らしい。世界中のみなさん、燕市の職人さんたちに感謝していいよ。
そんな磨き屋シンジケートの中に、俺の物欲を強烈に刺激する一品を発見した。その名も

マグカップ

複数の研磨集団が、その技術の粋を集めて作ったマグカップで、コレにビールを注ぐと泡がなかなか消えない、温度がなかなか上がらないビールになるそうだ。ビールの理想形じゃないか…
値段は少々高いが、一生もんの買い物になりそうな予感がする。

ともあれ、燕市には行ったことがないので、三条市とともにその歴史、職人技を見学しに行くのも楽しそうかな、と思った。画面の見過ぎで頭がクラクラしてきたので、以上。

チェンジ!

最近停滞気味の仕事に反比例するかのように、プライベートに喝を入れまくっている。
キーワードは「変化」。NHKの番組でダルビッシュが言ってた「変化することを恐れるな」。
何気なく聞いていたけれど、ふだんの生活の中でほとんど変化してない自分を客観的に感じることのできる言葉だと思い、いろいろ考えてみた。
これまでのやり方を変えてみたり、いままでやらなかったことをやってみたりする。
それで今までと同じ結果でも、それはそれでよし。違う結果になったら、収穫アリということで。
自分の性格がコンサバティブ、というか新しいものを受け入れられないような所があるので、そういったところをなるべく排していきたい。
30なかばになってしまったけれど、これからアクセル吹かしていきたい。

The dangling conversation

むにゃむにゃ…

………………

!!  ガバッ

……何だ 夢か…

みたいなことがあった。
覚めなきゃよかったのに。

リアルの生活はいつも通りでしたとさ。

「現代弓道講座 復刻版」を買う

復刊.comで「現代弓道講座 復刻版」を買った。
部活の先輩から「弓道講座は読んでおいたほうがいい 手元に置いとくのが最良」とのコメントを授かっていたので、いつかは揃えたいと思っていた。
内容は、まさに弓道の集大成とでもいうべきもので、もちろん全部読んだわけではないが、相当読み応えのあるものであることは間違いない。すべての弓道家におすすめしたい本である。

ところで、現代弓道講座を出版した雄山閣からは、昭和12年に「弓道講座」という本が出版されている。詳しくはこのへんから蔵書を検索してもらいたいのだが、こちらもものすごいボリュームで弓道の世界をグイグイ広げてくる。
旧字を使っているので読むのが大変だけど、現代弓道講座と合わせて読むことで、弓に対する自分の考えを見直す機会になるかもしれない。

幸せの中にいる人

やたらと彼氏や彼女の自慢をする人。
子どもの一挙手一投足をブログに書きまくる人。
お酒を飲みすぎた人。
優勝した人。
宝くじ当たった人。
受かった人。
満腹になった人。
楽しい夢を見ながら寝てる人。

みなさんの幸せは、どこにありますか?

野球観戦

いつも行ってる球場に、野球を観にいった。
まだ開幕して間もなくなので、寒かった。昼間は暖かかったのに。
試合展開もかなり寒く、エースががんばってるのに点が取れない展開。
すると相手の5番バッターに2打席連続で一発食らって負けてしまった。
後ろに座っているグループは、レフトスタンドが満員で入れずにライトスタンドにやってきた人たち。
「キミたち、こっち側のスタンドでは応援するチームが違うぞい」と言っていいものかどうか、迷ったので黙ってた。
彼らは応援していたチームが勝ったので、気持ちよく帰ったに違いない。
俺は、収穫のない試合の内容を振り返ることもなく、電車に乗り込んだ。
電車は混んでて帰りもつらかった。

でも、野球観戦の面白さを久しぶりに体感した。
特に秀逸なのが、選手の応援である。
みんなが独自のアイテムを持ち寄って、それぞれのチームごとの応援を繰り広げる。
同じ色のタオルを振り回したり、風船を飛ばしたり。みんなでジャンプしたり。
こうやってみんな、ストレスを発散しているんだなあ、と思った。
ライトスタンドのみなさんは、今日は逆にストレスをため込んで帰る結果となってしまった。
残念だけど、負けることもあれば勝つこともあると思うので、気長にいきましょう。

<余談>絶対はやらないだろ、これ
2012.4.5に撮影した【ノミスケさん】さんの【初心者広場】での写真です。

学生の大会のために

4時に目が覚めた。老人か!

ところで、4月15日に行われる学生の大会において、部活の先生から「結果を携帯電話でリアルタイム確認できる仕組み作ってよ」と言われた。
2年ほど前に作った仕組みがあって、それを手直しすることにした。
結果、出来上がった。素人の作ったモノなので不備も多いが、自分で何かを作って使ってもらえるというのはうれしいものだ。
あとは当日、おかしな動きをせずにイベントが終わってくれればミッションコンプリート。

今日は春の嵐が吹き荒れるみたいだが、今の段階ではいい天気。
外出するみなさま、気をつけてお出かけになってください。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »