2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お買い得ウィジェット

無料ブログはココログ

« "ガラナビ" | トップページ | 「岳」を観る »

ホーキング 宇宙と人間を語る を読む

昨日、ほろ酔いの勢いでホーキング博士の本を買った。
本当は佐藤勝彦先生の本が欲しかったのだが、「『ゆらぎ』の力」は売り切れていたので佐藤先生が翻訳したホーキング博士の本を買うことにした。
内容は、至って難解である。元々宇宙が専門ではない俺にとっては、言葉が分からない。佐藤先生の「インフレーション宇宙論」は非常に分かりやすい本だったが、「宇宙と人間を語る」は難しい。心してかかるべし。
本は4割くらい読んだ。ここまでの感想は、「哲学の本のようだ」。ひとつの事象は、それをあらわす複数のモデルにおいて説明することができる場合、そのどちらを採用してもよいそうだ。ただし、より単純で、変数の少ない、予見のきくモデルが優れているのだそうだ。つまり、ひとつのモデルですべての事象を説明するのは不可能・・・
書いてて眠くなってきた。寝ます。

« "ガラナビ" | トップページ | 「岳」を観る »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« "ガラナビ" | トップページ | 「岳」を観る »