2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お買い得ウィジェット

無料ブログはココログ

« 爆笑問題のニッポンの教養「はやぶさが教えてくれたこと」 | トップページ | 彩の国工場振興協議会研究会/交流会に出席する »

宇宙科学研究所(相模原)へ行く

聖地巡礼…というにはアレだけど、最近「はやぶさ」にハマりはじめた友人と、相模原に帰還した実物大模型を見に行った。

Dsc00397


2か月ぶりに見た「はやぶさ」実物大模型は、相模原においては「なんかこれまで見た実物大模型とスケールが違う」と思った。これまで見た実物大模型というのも、相模原に置いてあったものを移設したものだったのだが、相模原に帰ってきた模型の存在感は、他の場所で展示されていたものとは別のものであったように感じたのだ。
相模原で展示されている模型は、仕切りがなくて模型の周囲を自由に歩き回れるようになっている。これが他の展示場所とのいちばんの違いだと思う。(他の展示を全部見ているわけではないため、そうなっていたところもあるかもしれない)
それと、イオンエンジンの奥に仕込まれている電球が点灯するのが相模原ならではだと思う。

Dsc00405


スイッチがついていたので、警備の方に確認した上でスイッチオン。4基ちゃんと点灯したが、史実に基づいてAは点灯させず。
他の展示物とともに、非常に勉強になる相模原キャンパスであった。

« 爆笑問題のニッポンの教養「はやぶさが教えてくれたこと」 | トップページ | 彩の国工場振興協議会研究会/交流会に出席する »

はやぶさ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 爆笑問題のニッポンの教養「はやぶさが教えてくれたこと」 | トップページ | 彩の国工場振興協議会研究会/交流会に出席する »