2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お買い得ウィジェット

無料ブログはココログ

« これ最強 理想のクリスマス | トップページ | 自分を誉めてあげたい時 »

メーカーとの対話

今日、東芝のDynabook AZというノートパソコンを予約した。
このパソコンは、OSにAndroidという「グーグルが買収したLinuxベースのOS」を使っていることが特徴である。
iPhone,iPadの躍進とともに、Windows一辺倒だったOS市場にも変化の兆しがある。
今回のAndroidパソコンで特徴的なことは、同価格帯のWindowsパソコンに比べて格段にバッテリーの持ちがよいこと、グラフィックまわりが強いことである。
ノートパソコンの価値は、いかに快適な使い勝手を持続させることができるか、またはいかに軽量にするかで決まると思う。今回のdynabook AZはそれらを高い水準で維持していると思う。3Gに対応した機種でないので別途WAN回線が必要になるが、いつもネットにつながっていなければならないというわけでもないので、当面はいじくり倒してみることにしたい。

さて、新しいパソコンを買った後にやることは、そのパソコンがどこまで使い物になるか、である。
DynabookではAndroidのキモであるAndroid App Storeが公式にサポートされないことで知られている。
そのような制約下で、どれだけそのハードウェアを有効に活用することができるか、非常にやりがいのある宿題を出された気持ちである。
与えられた条件のハードウェアでどこまでできるのか、問題点はどこにあるのか、そういったことをひとつずつクリアにしていくことで、この製品を世に問うたメーカーとの対話を実現することに今回の機器購入の目的があるのでは、そんなことを考えた。
週末に到着予定。早くこないかな。

« これ最強 理想のクリスマス | トップページ | 自分を誉めてあげたい時 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« これ最強 理想のクリスマス | トップページ | 自分を誉めてあげたい時 »