2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お買い得ウィジェット

無料ブログはココログ

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

俺はAndroid派

ブログネタ: スマートフォン対決!iPhone派?Android派?参加数拍手

みんなが目的の情報に迷いなくたどり着ければ、OSはどっちでもいい。
しかし、スマートフォンの電池の持ちは本当によくなった。W-ZERO3なんて2時間くらいだったもんな。

(リポDで)祝杯

小惑星探査機「はやぶさ」が地球に帰還させたカプセルの中から、小惑星イトカワ由来の微粒子が入っていたことが本日発表された。月以外の惑星のかけらを持ってきた初の快挙である。
「はやぶさ」は帰ってくることが絶望視されるようなアクシデントに2度も見舞われながら、それらをスタッフの努力や機転で乗り越えてきた。そしてカプセルの中にはイトカワの塵が入っていた。これ以上ない最高の成果である。
そんなめでたいニュースを記念して、俺はリポビタンDで祝杯を上げた。リポDを使った理由は、「はやぶさ」チームがリポDを愛飲していたことによる。詳しくはこちら
太陽系の起源に迫る貴重なサンプルを残した「はやぶさ」に、心からの敬意を表したい。
また、「はやぶさ」の活躍が、今後の日本の宇宙開発を良い方向に進めるきっかけになってほしい。

2010年の「感字」

ブログネタ: 【イベント開催】2010年の『感字』を募集中!参加数拍手

「隼」に一票。
60億キロ、7年間もの孤独に耐え続け、姿勢制御装置が故障しても、燃料漏れで通信不能になっても、エンジンが故障して地球に帰還する推力が足りなくなっても、そのことごとくを乗り越え今後の宇宙開発の「たまご」を持ち帰ったはやぶさ。技術者たちの想いに最後まで応え続け、渾身の写真を私たちに送ってきたはやぶさ。
イオンエンジンを併用したスウィングバイ、月以外の惑星にタッチダウンして帰還ほか、多くの世界初を成し遂げただけでなく、宇宙への憧れや機械への愛など、数え切れないほど多くのものを遺してくれたくれた「はやぶさ」こそ、2010年を代表するにふさわしい漢字だと思う。

自分を誉めてあげたい時


ブログネタ: 【賞品付き】自分を誉めてあげたいのはどんなこと?参加数拍手

中学の時に国産米が足りなくなって、タイ米を食べなくちゃならなくなった時のこと。
前の日に「タイ米は玉ねぎといっしょに炊くとおいしい」みたいな番組をみた母が、まんま玉ねぎで炊いたごはんを俺の弁当に盛ってきた。しかもそれだけ。オンリー玉ねぎタイ米。
しょうゆでもかけて食べたいのだが、もちろん入っていない。正直、まずい。
それでも、母が作ってくれたものだから残すわけにはいかないということで全部食べた。
誰も見てなかったけど、これまでの人生で5本の指に入るくらいがんばった。

ということで、「きらいなものをがんばって完食したとき」かな。

メーカーとの対話

今日、東芝のDynabook AZというノートパソコンを予約した。
このパソコンは、OSにAndroidという「グーグルが買収したLinuxベースのOS」を使っていることが特徴である。
iPhone,iPadの躍進とともに、Windows一辺倒だったOS市場にも変化の兆しがある。
今回のAndroidパソコンで特徴的なことは、同価格帯のWindowsパソコンに比べて格段にバッテリーの持ちがよいこと、グラフィックまわりが強いことである。
ノートパソコンの価値は、いかに快適な使い勝手を持続させることができるか、またはいかに軽量にするかで決まると思う。今回のdynabook AZはそれらを高い水準で維持していると思う。3Gに対応した機種でないので別途WAN回線が必要になるが、いつもネットにつながっていなければならないというわけでもないので、当面はいじくり倒してみることにしたい。

さて、新しいパソコンを買った後にやることは、そのパソコンがどこまで使い物になるか、である。
DynabookではAndroidのキモであるAndroid App Storeが公式にサポートされないことで知られている。
そのような制約下で、どれだけそのハードウェアを有効に活用することができるか、非常にやりがいのある宿題を出された気持ちである。
与えられた条件のハードウェアでどこまでできるのか、問題点はどこにあるのか、そういったことをひとつずつクリアにしていくことで、この製品を世に問うたメーカーとの対話を実現することに今回の機器購入の目的があるのでは、そんなことを考えた。
週末に到着予定。早くこないかな。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »