2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お買い得ウィジェット

無料ブログはココログ

« 夢を叶えるために | トップページ | おトクなサービスのご紹介 »

山トイレ 仕分けの対象に

民主党の仕分け議論の中に、山岳地帯におけるトイレの助成金(補助金というのか)が含まれていたということを雑誌で知った。
生活していれば、誰であれお手洗いに行きたくなることはあると思う。それは山に行っても同じ。でも、山は水道が整備されていないことがほとんどだから、その処理および設備の維持には平地に比べて多くのコストがかかる。
よく「自然に還るんだし、栄養になるから」という理由で野に放ってしまうことがあるが、これは問題である。高山植物は人の尿が毒になって死んでしまうものがいるというし、トイレットペーパーだって寒いところでは溶けずに景観を乱す原因になる。

論点はいくつかあると思うのだが、興味深いところとしては「国の補助を受けてまで山のトイレを作る必要があるかどうか」だ。国の事業というからには、国民が等しく山に登るものとしての共通認識ができているんですよね?というのが、政府の見解のようだ。みんながやっていることでなければ、国としてお金を出す理由はないという考えだ。個人的に、この議論は突き詰めて考える必要があるように思う。

そして、これまでのように山のトイレにお金が出なくなったとなれば、登山する人は今後の方策を考えなければならない。選択肢としては
①団結して国にお金を出してもらうよう訴える
②自分たちでお金を出し合い、トイレを維持管理する
③携帯用トイレを山に持っていき、自分たちで処理する
④山に行かない
あたりが考えられる。

ところで、山における環境の保護は今すぐにでも始めなければならないほど切迫した状況にあるということは、トイレの話よりも広く知っておいてほしいことである。
環境の変化による植生の変化、鹿の食害、人間のモラル低下による高山植物の不法採取など、山の環境は年々悪くなっている。善意によってそれを支えている人たちがいるが、それだけでは自然は守れない。
我々が山から受けている恩恵を考え直して、限られたお金の中でどうすることが我々にとって一番なのかという議論をすることが大切だと考える。

なんかまとまらないな…

« 夢を叶えるために | トップページ | おトクなサービスのご紹介 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夢を叶えるために | トップページ | おトクなサービスのご紹介 »