2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お買い得ウィジェット

無料ブログはココログ

« 2010年岐阜の旅(2) | トップページ | 2010 年岐阜の旅(3) »

硬貨入金

職場で飲むコーヒーや紅茶をまとめて買っておいて、飲む人にお金を入れてもらっていた。
数か月が経って、箱の中がいっぱいになってきたので、箱からお金を取り出した。
重さ5キロくらいはあっただろうか、あふれんばかりの10円玉が入っていた。中には5円や1円、その他の硬貨も散見される。
今日はこの硬貨を入金するために、職場の近くの銀行に行った。通帳を入れて、そのあと透明のビニール袋に入った硬貨をガンガン入れる。すると、ATMが硬貨を数え始めて待つこと十数秒、数え切れなかった硬貨がATMから戻ってきた。どうやら100枚以上の硬貨は一度に処理できないらしい。
しかし、俺の持ってきた硬貨は100枚どころではない。いったいどんだけATMに入れれば終わるのか、硬貨との戦いが始まった。
それにしても、別に悪いことしてるわけじゃないのに、ATMというのは居心地の悪いものだ。特に、大量の硬貨を透明ビニールに入れて入金というシチュエーションがまずい。傍からみたら明らかにおかしな光景だ。窓口はもう閉まってるけど、警備員とか出てきて事情を聞かれたらなんか恥ずかしい。
結局6回の入金処理を行うことで、無事に6000円程度を口座に入れることができた。しばらくは、このようなことはやりたくないものである。

« 2010年岐阜の旅(2) | トップページ | 2010 年岐阜の旅(3) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2010年岐阜の旅(2) | トップページ | 2010 年岐阜の旅(3) »