2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お買い得ウィジェット

無料ブログはココログ

« FF13攻略 | トップページ | それでも彼は、やってない »

地デジPCを作る

ここまで何もしない正月も珍しいというほどのスーパー寝正月を過ごしてしまった。
しかし、このままでは終われないという気持ちから、勉強用として購入したPCを地デジPCとして利用できるようにした。

【やりたいこと】
・そのPCを使って、地上デジタル放送をハードディスクに録画する
・録画した番組を、家の中の離れた場所で視聴する

【方法】
・PCに地デジキャプチャボードを取り付ける
・録画した番組をWindows7のWindows Media Centerで配信する
・クライアントはPS3とし、DTCP-IPを使ってWMCの画像を視聴する

【使用機材】
・Express5800 Ge110(NECの廉価サーバー)
→CPUはCore2 Duo E7600に換装、メモリ4GB
・GV-MC7/VS(Windows7対応地デジキャプチャボード)
・GA-6200A/PCI(PCI接続ビデオカード)

【検証項目】
・使用機材に書いてある構成で、ちゃんと録画できるのか
 (サウンドカードがついていない、フルHDの再生にはビデオカードの性能が足りない等)
・GV-MC7/VSの外箱には「PS3やAV-LS500VXなどのDTCP-IPクライアントで見ることができます」と書いてあるが、本当か
・もしも見ることができたとして、その画質はどうか、コマ落ちしないか
・GV-MC7/VSの外箱には「BD/DVDへダビング 家庭用プレイヤーで再生可能」と書いてあるが、本当か
・もしも録画できたとして、その画質はどうか(ウチにはBD-Rドライブがないので、DVD-Rを使って検証)
・WMCをリモートデスクトップで操作できるか

【機材のセットアップ】
・Express 5800にWindows7 Professional(32ビット)をインストール
・同マシンのPCI Express x8スロット #1にGV-MC7/VSを入れる このとき、製品はPCI Express x1なのでスロットの長さがあまるが、これは問題なし
→B-CASカードを挿しても、ケース内部に干渉する部分がないため加工は不要
・付属ソフト、ドライバをインストール
→DiXiM Media Server 3 for Mecia Center TVというソフトをインストールする。これは、WMCをDTCP-IPで配信できるようにするソフトだ(と思う)。
・WMCで地デジ受信のための設定を行う。
・初期状態ではCドライブに録画するように設定されているため、これを外付けHDDに録画するよう設定しなおす。
外付けHDDは500GBあるが、このうち400GBを録画可能領域と設定した。ハイビジョン画質で30時間程度の領域が確保できた。これでしばらくは困るまい

【それで、どうなったのか】
・Express 5800で録画をすることは可能だが、サウンドカードを搭載していない上、PCI接続のGA-6200A/PCIでは地デジの出力に対応していないため、本体での再生ができない。WMC(OS)でサウンドカードを認識していない場合、本体での再生時にエラーが出る。ビデオカードは外箱によると「GMA3100以上、GeForce9300以降」となっている。※印で注釈があり、COPP、DXVAに対応する必要があることとなっている。恐らくこのあたりでもひっかかっているのだろう。
・本体からの操作では、WMCの操作が非常にもたつく。特に録画予約の画面ではスクロールに時間がかかり、とてもイラッとする。後述するがリモートデスクトップを使ったら非常に快適であった。
・PS3からは電源投入後の画面で[ビデオ] - [設定したサーバー名]とたどることで、録画したコンテンツをDiXiM Media Server 3 for Mecia Center TV経由で視聴することが可能であった。なお、ディスプレイはLGのW2261Vというディスプレイを使い、PS3とはHDMIで接続している。この場合にも、ディスプレイはHDCPに対応している必要がある。
・録画した番組を再生してみたところ、非常に美しいと思う。素人目には十分な画質である。コマ落ちなどもせず、専用機と比較してもいいような画質であると感じた。ただし、早送りは巻き戻しはPS3のそれに準拠しているせいか、1.5倍の早送りはいいがその次が10倍の早送りとなり、早送り中のコマ数もそれほど多くないため不便である。巻き戻しはいきなり10倍速である。
・追っかけ再生は、できるかどうか試していない。こんど試す。
・録画した番組をDVDにコピーできるか試したところ、本体からの操作では問題なく行うことができた。ハイビジョンの番組をSD画質のDVDに焼いたためか、ノイズの目立つ画像となった。全体的にカクカクしているのも気になるが、こういうもんだと割り切って考えれば特に問題ない。DVD-Rへの記録はExpress 5800に付属していた松下製のドライブを使ったが、これをBD-Rに換装すればBDへの記録もできそうだ。BD/DVDへの記録は、WMC内にあるコーレル製のソフトを使って焼く。地デジ放送をDVDにした場合、放送時間と同じくらいの時間で記録が終わった。

【その他】
・リモートデスクトップを使って操作したところ、WMCの操作が非常にスムーズになった。これは、Windows7のリモートデスクトップから採用されたRDP7.0によるところが大きいと思う。RDP7.0では、ウィンドウの描画をクライアント側で行うことになっているため、サーバー(操作される)側のPCが非力でもクライアント側の環境によってはうまく動いちゃうということになる(と思う)。番組表のスクロールはサーバー側で操作しているときにものすごくカクカクしていたが、クライアントからリモートデスクトップで動かしたところサクサク動いた。なお、クライアントPCはMac Book(MB061/J)にWindows7 Professionalをインストールして動かしている。
・ただ、リモートデスクトップから録画した番組のDVDへのコピーをしようとすると、うまく動かなかった。画面遷移の途中で動作しなくなった。この部分だけどうにかなればいいのだが…
・すぐに時刻が狂いそうなので、レジストリをいじってNTPサーバーへの問い合わせをデフォルトの週1回から1日1回とした。

【総括】
やりたいことはほぼすべてできたので、非常に満足度の高い仕組みが出来上がったように思う。
未検証のこととして、録画していない時間はスリープにしておくことを試したい。節電になるし。
本当はリビングのDIGAがもうひとつ新しければDTCP-IPにも対応していてすぐに解決なんだろうが…

« FF13攻略 | トップページ | それでも彼は、やってない »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事