2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お買い得ウィジェット

無料ブログはココログ

« 電車よ、遅れるな | トップページ | 満員電車について考える »

富山への旅

金曜日の夜から日曜日まで、富山に行ってきた。
参考になることが多かったので、ちょいとメモしておこうと思う。

○味覚
・<<昼>>きときと寿司という、回転寿司のお店に連れて行ってもらった。ブリの成長段階である、フクラギ、ブリの大トロ、甘エビ、ずわいがにをごちそうになった。もう、幸福度が限界を振り切れるほどおいしかった。
「きときと」とは地元の言葉で「新鮮」という意味だそうだ。もちろん寿司はきときとであった。

・<<夜>>富山駅前の中華料理屋「Big5」に連れて行ってもらった。日本人向けの味付けでなく、むこうの国の味付けであると思った。もちろんおいしいことこの上ない。麻婆豆腐は辛かったが、自分にはちょうど良かった。ビールや紹興酒や焼酎のお湯割りを飲みまくった。へろへろになった。
その後、駅南口のロータリーに忽然と現れたラーメン屋台で、しょうゆラーメンをごちそうになった。屋台のラーメンを食べたのは久しぶりだった。思い出深いラーメンになった。

・<<昼>>最近のご当地グルメブームに乗って、「富山ブラック」なる名称を与えられた富山のしょうゆラーメン。とにかく黒い。しょっぱい。
老舗のひとつである万里(ばんり)というお店に連れて行ってもらい、噂の黒いラーメンをいただいた。富山の黒いラーメンにおいては、ラーメンとともにごはんをいただくのが定説であることを教わった。えらく特徴的なラーメンであったが、おいしかった。万里の店主は無添加にこだわっているそうである。ブログも開設しているので、興味があったら探してみていただきたい。

○観光
富山駅から車で10分ほどか、呉羽山(くれはやま)公園の展望台からは、立山連峰と富山市内が一望できる桜の名所である。立山を開山した佐伯有頼(さえきありより)の像がある。

○天候
日本海側の冬は一日中どんよりした雲におおわれているというが、今回の旅の最中にも晴れ間がのぞくことはわずかであった。日照不足よりうつを発症することが多い。「冬季うつ」といって、季節性のものであるとか。

« 電車よ、遅れるな | トップページ | 満員電車について考える »

「旅行・地域」カテゴリの記事