2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お買い得ウィジェット

無料ブログはココログ

« 天空の城 ラピュタを観る | トップページ | ご迷惑をおかけしております »

平家狩人(またぎ)村のこと

今年訪れた珍スポットがいくつかあるが、その中でもとりわけ異彩を放っていたのが栃木県日光市湯西川にある「平家狩人村」である。村の由来は以下のとおり。

(パンフレットより抜粋)
 日光市湯西川は、今から八百余年前、源平争乱に敗れた平家一門生き残りの武者達が追手を逃れて此の地に身を隠したと伝承されています。
 その武者達が、丸木で山小屋を組立て生きるためには、山を耕して、そばやひえ、あわなどを作り、そして狩人になり熊や鹿、野鳥、うさぎ、川魚を獲り生活をして来ました。この地に落人達の集落が復元されたのです。
 一つ一つ分かりやすく展示されてありますので、どうぞ御観覧下さいますようお願い申し上げます。

中は、狩人の生活を再現したとされる小屋があり、中に入ってその様子を伺うことができるようになっている。
動物のはく製や、人形などが何体も展示されている。

Img_3178
やたら許可制をアピールするカモシカ

ばんばん進んで行くと、興味深い展示物がたくさん出てくる。

Img_3181
狙いを定める狩人

Img_3183
熊を捌く村人

Img_3185
肉樽

Img_3188
村人たちの心の支え(おい)

Img_3190
狩人達の楽器

Img_3195
村長の家に置いてある着物(と何故か般若)

Img_3196
こいつが村長(ウソ)

ふー…
衝撃的な村だった。
あと、檻の中に犬がいて、そいつにワンワン吠えられてテンション下がった。
たぶん、しばらく行くことはないだろう。
珍スポット、B級スポットが好きな人、研究者以外には立ち寄ってはいけない場所かもしれない。
ご注意あれ

« 天空の城 ラピュタを観る | トップページ | ご迷惑をおかけしております »

「旅行・地域」カテゴリの記事