2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お買い得ウィジェット

無料ブログはココログ

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

住所不定だった

わたくし、この数日間住所不定でした。
...というのは、以前住んでいたところより転出届を出して、転入する今日までの話。
今日、晴れて住所を特定することができた。
これでもう、家なし野郎とは呼ばせない(呼ばれてないけど)。

ところで、親の部屋に置いてあった映画「コンタクト」を観た。夢があってよかった。

あらすじ:
学者が宇宙人をさがす。

引っ越し

引っ越しをする。
今日、新しい家に行く。
旅立ちにあたり、この家で過ごした4年間について振り返ってみようと思う。

2004年 3月
ワンルームのマンションが狭かったので、契約更新のタイミングで引っ越しを決意。知り合いに紹介された住宅会社にて紹介されたのが、ワンルームマンションと同じ金額で住める一軒家であった。
築年数は経っていたけれど、この家に決定した。

2003年 11月
この年の夏に、職場で使わなくなったエアコンをもらったので取り付けた。
冬が近づいて寒くなってきたため、エアコンの電源を入れたところ暖房の機能がなかった。ここではじめて、これがエアコンでなく冷房専用機なのであることに気づく。

2004年 夏
風呂場にナメクジが出るようになった。風呂の床と浴槽の間にすき間ができていて、そのすき間が家の外とつながっているらしい。ビールをかけると死ぬという話は聞いていたけれど、もったいなくてそんなことできなかった。ナメクジは夜に活動するため、朝方シャワーを浴びることでナメクジとの遭遇の確率はぐっと少なくなった。

2005年 夏
ゴキブリが数匹発生した。
家の両隣は住宅を兼ねた店舗で、片方は食品を扱うお店だった。当然害虫の駆除はしているはずであり、行き場を失った害虫共が周囲の家に逃げるというのも道理かと思った。
ゴキブリを叩いて、気絶したところを追い出したいところであったが、あいにくゴキブリは苦手だったためゴキジェット プロを買った。これがものすごくよく効いた。本当に数秒でゴキブリを死に至らしめた。
ゴキブリが出たのはこの夏くらいで、それ以来あまりゴキブリの姿を目にすることはなかった。

また、アリが大量発生した。
部屋で横になってテレビを見ていたら、ありんこが体を登ってくるので不愉快であった。
アリ撃退のためには、部屋にチョークで線を引いた。線を引くと、アリはそこを通らなくなるらしい。
しかし、そのままだと部屋の中のアリが我が家に閉じ込められてしまうため、部屋のアリはアリ用コンバットで収束させた。

カラスもこのころから屋根で鳴くようになった。鳴き声は別にいいのだが、屋根を歩きまわる音が不愉快であった。
カラスは結局、駆逐することができなかった。わざわざはしごを買って、屋根に上ることもしなかったし、頭のいいカラスゆえ退治の方法が見つからなかった。

2006年 夏
だんご虫が発生した。こいつらは生きた状態で発見されることは少なく、いきなり死んだ状態で発見されることが多かった。迷惑をこうむっていたわけではなかったが、貝塚のように一か所に集まって死んでいたため、掃除機で吸った。

このころから、雨戸の戸袋に鳥が巣を作るようになった。はじめは、隣の家が小鳥を飼い始めたのだと思っていたが、翌年に自分の家に住み着いたのだと確信する。また、最大の敵であるネズミも、このころから屋根裏を歩き回るようになる。

2006年 冬
スキー旅行から帰ってきたら、家の中に散らかしてあった食べ物がネズミによって食い荒らされていた。これは相当ショックだった。まさか、ネズミに食われるなんて。この日、俺はネズミとたたかうことを決意した。でも、食われた食品は自分が食べるわけにはいかなかったのですべて処分した。

2007年 春
対ネズミ最終兵器であるデスモア プロを導入。これを食べたネズミ及びその家族が、一時期まったく家に寄り付かなくなるくらいの衝撃をネズミたちに与えた逸品であった。デスモア プロは2度購入したけれど、その効果は抜群であった。ネズミに悩むご家庭では、ぜひ導入していただきたい。

このころ、トイレの水が流れなくなって困った。
詰まったのかと思いカッポンを買ってきたのだが、効果なし。
住宅会社に依頼して水道屋さんに見てもらったところ、家の外の水道が詰まっていた。ここの流れを良くすることで問題は解消した。

2007年 夏
ナメクジにまじって、黒いナメクジがいたと思ったら先輩に「それはヒルだ」ということを教えられた。
ヒルは吸血するものだという認識があったが、血を吸われた時の対処方法を知らなかったために、吸われなくてよかったものだと思った。ちなみに、今は対処方法を知っている。血を吸われてしまった場合には、無理にひきはがしたりしない。落ち着いて、塩をかけるのがよい。塩がなければ、たばこの火を押し付ける。塩もたばこもないのであれば、血を吸って離れるまで待つ。ヒルを殺すときは、靴でグリグリやっただけでは死なないことが多い。靴の裏にくっついて移動することもするようなので、石の上にいるヒルを石でゴリゴリやるのがいいという。

考えてみれば、多くの虫、生き物とたたかってきた4年間であった。
虫以外で困ったことはそれほどなかったが、すきま風がピューピュー吹いてきたり、夏場の2階がクソ暑かったりして、それなりにチャレンジスピリットあふれる家であったような気もする。
しかし、どろぼうに入られることもなく、火災もなく過ごすことができて、ほんとうに良かった。これから住む家は害虫には無縁であることを祈りつつ、大過なく過ごすことができればいいな、と思う。
家よ、4年間どうもありがとう。

奴らの足音が聞こえる

最近どうも眠りが浅いと思ったら、朝5時くらいに屋根裏で騒いでるやつがいる。
そろそろこの家ともお別れだというのに、晩節を汚す不逞の輩、許すまじ。
最後の日は屋根裏にバルサンセットして、罠たくさん仕掛けて去る。
なお、我が家は今月末を持って退去する。4年と半年住んだ家だが、虫たちが出てくること以外はなかなか良い家だったような気がする。築30年を過ぎ、俺が去ったあとは建て替えだろうか、それとも新たな居住者が出るだろうか。

ひふみん

加藤一二三九段のことらしい。ニコニコの注目のタグに「アイドル」ってあったもんだから、つい魔がさしてクリックしてしまったんだ。そしたらなぜか加藤九段が出てきて、人気者になってた。
そんなひふみんを見てたらこんな時間になってしまった。早く寝なくちゃ

※加藤一二三は、とってもすごい将棋の棋士であります

2008 香港

連休の谷間を埋めて、香港に行ってきた。やったことは主に観光、食事、パソコン指導である。
観光、食事は現地にめちゃんこ詳しい人がいたので、その人たちに頼りっきりであった。
パソコン指導は、無難にこなした感じであった。限られた日数の中で、なるべく多くのことを伝えようと思ったがもう少し時間がほしかった。

ハッカーよ、せいぜいがんばれ

もともと持っていた言葉の意味が間違って伝わってしまうことはよくあるそうだ。
「役不足」や「低燃費」などであるが、元総理がオリンピック選手に向かって「まあ、せいぜいがんばってください」という発言にも疑問の目が向けられた。「せいぜいがんばれとは何事」というのが世論の考えだったようだが、あとから聞いてみると「せいぜい」には「努力の及ぶ限り」という意味があるらしく、これをそのままあてはめると「力の限り頑張ってください」となる。別におかしい言葉ではないことが分かる。
「低燃費」というのもおかしい。燃費は良い、悪いで判断すべき。良燃費とかみんな言わないかな。
ガソリン価格はじわじわ下がってきた。しかし、リッター100円を切ってた頃を考えると、まだまだ高い。このまま冬を迎えたら、軽油の価格とかとんでもないことになりそうだ。北国の人は冬を越せるのかどうか、かなり心配である。

なぜノリスケ

ミクシィやってる友人から「なぜハンドルネームがノリスケなのか」と質問されることがあるため、ここで回答したいと思う。

自分のあだなや、俺自身を特定する情報でなければ何でもよかったのだけど、以前よりノリスケの奔放な性格に多少の憧れをもっていたため、ブログのタイトルやハンドルネームに「ノリスケ」を使っている。ノリスケがもっとメジャーな存在になってほしいものである

Nrsk


ポニョみた

「崖の上のポニョ」みた。
これはアリだな。あっという間の1時間半だった。

~あらすじ~
脱走金魚が人間になりたがる。

FX35/50の国内販売を希望いたします

日産が海外で展開しているINFINITI(インフィニティ)というブランドがあって、その中にSUVのFXと呼ばれるモデルがある。トヨタのハリアーが火をつけたSUVブームは海外のメーカーにも飛び火して、今ではBMWもポルシェもみーんなSUVを売っている。だがしかし、俺の中ではFXがいちばんカッコいい。
残念なところは、海外でしか売っていないクルマであること。並行輸入しかないため国内で見かけることはあまりないが、デザインは超いいと思う。日本で売り出したら、買う といいたいが、高い車なのでレンタカーで乗る。

Fx35

写真は旧型。

秋 味

この季節にキリンより発売されている季節限定ビール、それが秋味。
コンビニに並んでいたのを2本ほど買って、飲んでみた。
うーん、苦味多し。
ふだんのビールにくらべて麦芽を1.3倍ほど使っているらしいのだが、なんというか秋らしい、味わい深い飲みごたえである。

久しぶりに、お世話になっているとんかつ屋さんに行った。秋のメニューを印刷してほしいと言われ、夏のメニューをマイナーチェンジしたものを秋のメニューとして印刷した。そこで、秋の色って何色だろうと考えた。
おれの中で、秋というのは紅葉の季節である。赤くなったもみじやかえでの葉が、あたり一面を埋めるのが秋。そんな考えもあってか、とんかつ屋さんのメニューも心なしか赤や橙を多く取り入れた色合いとなった。

リアル恋愛とは何ぞや

ネット巡回中、「リアル恋愛は、たった一度の失敗でゲームオーバーになってしまう糞ゲーのようなもので、本当に鬱になる」といったような記述があった。
なぜか心にしみた。

閑話休題

VHSのビデオデッキを処分する予定なのだが、このデッキを処分してしまうと、俺の中の神ドラマ「ハゲタカ」を見ることができなくなってしまうではないか。かといって、デジタル化するのもなんかめんどうだし、どうすればいいのか…

Hgtk


友人の家で飲む

友人の家族と飲んだ。
この友人は学生時代から同じクラスだったやつなのだが、ご家族が非常にフランクで、家族ぐるみの付き合いをさせていただいている。昨日もさんざんごちそうになった上、宿泊させてもらった。非常に感謝しております。

一見ムダなことのようだが

明らかに「こりゃ売れないだろ」と思う商品を実際に売り出してみたり、明らかに当たらない馬券を大枚はたいて買ってみたり。見るつもりのない番組を録画してみたり、実際に見てみたり。
これらの無駄に思える行為にも、それに至るまでの経緯があり、その行為には結果が返ってくる。その結果、もしかしたらやっぱり無駄なことだったと思うことは多いと思う。でも、やってみたら意外といけるじゃん、って思ったこともあるのではないかと思う。たとえば、人類ではじめてスイカに塩をかけた人は、すげえ無駄だと思いつつもやったのではないか?そしたら絶妙にうまかった、みたいな。
ものすごいことのヒントは、むしろそういった一見無駄だと思えるようなことの中にあるのかもしれない。
自分の人生も無駄なことはけっこう多いと思うけど、その無駄、あそびの部分が新たな発見や展開をもたらしてくれることを期待したいものです。

追伸
石井慧のコメントはおもしろい。俺のような雑兵は、カメラを前にしてあんな発言はできないであろう。

終戦近し

合宿に行っている時に、またしてもウチに住み着いたようである。ネズミである。
しかし、今ごろやってきても時すでに遅し。俺はこの戦争に終止符を打ちかけている。
ネズミよ、そんなにこの家がいいのなら、心行くまで住むがよい。外から食料を持ってきて、好きなだけこの家でくつろぐがよい。間もなく俺は、この家を出て別の家に住むのだから。

…ハッ、すると俺は、ネズミどもに負けたことになるのだろうか…?
いかんな~ せめてデスモア置いて去るか

合宿

合宿に参加してきた。学生たちはがんばっていた。
俺は、途中でできたマメがつぶれて途中棄権した。我ながらなさけない。今後は学生の様子を見ながら、自分自身の力もつけていかないといけないと思った。お宿の方はとても親切だったが、道場のクオリティが低めだったため、先生方からは非常に厳しい評価であった。部屋もかなり古めだったため、よっぽどのことがない限り今回のお宿を使うことはないだろう。残念です

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »