2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お買い得ウィジェット

無料ブログはココログ

« まもなく | トップページ | まもなくGW »

電源開発の株買い増しに思う

Img_2852


海外の投資ファンドが電源開発(J-POWER)の株式を買い増すことに対して、国は買い増しをやめるよう勧告しているようだ。
電源開発は国内最大の電気卸であるということを新聞で読んだが、国策の一翼を担う電力計画に、これ以上外資を入れてはならないという判断なのだという。
それが良いことなのか悪いことなのかは判断できないけど、電源開発は、少なくとも俺の心に響くことをひとつやっている。それは、岐阜県高山市にある荘川桜の管理費用を負担していることである。

電源開発は、昭和30年代に荘川村(当時)にダムを建設することにした。村がダムの底に沈んでしまう前に、電源開発総裁であった高碕達之助氏は2本の山桜をダムの上に移し替えることを決めた。
樹齢400年とも言われるこの桜を移植することは、不可能だと思われていた。しかし、植木職人の丹羽政光・桜研究の第一人者であった笹部新太郎らの尽力によって、この桜は移植を完了したのだが、この桜の管理費用は電源開発が負担している。

電源開発の株を巡っては、これからも外資ファンドと国の間で対立が続くかもしれない。しかし願わくは、村人たちの心のよりどころである荘川桜を、いつまでも支えてほしいものだ。

« まもなく | トップページ | まもなくGW »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事