2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お買い得ウィジェット

無料ブログはココログ

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

電源開発の株買い増しに思う

Img_2852


海外の投資ファンドが電源開発(J-POWER)の株式を買い増すことに対して、国は買い増しをやめるよう勧告しているようだ。
電源開発は国内最大の電気卸であるということを新聞で読んだが、国策の一翼を担う電力計画に、これ以上外資を入れてはならないという判断なのだという。
それが良いことなのか悪いことなのかは判断できないけど、電源開発は、少なくとも俺の心に響くことをひとつやっている。それは、岐阜県高山市にある荘川桜の管理費用を負担していることである。

電源開発は、昭和30年代に荘川村(当時)にダムを建設することにした。村がダムの底に沈んでしまう前に、電源開発総裁であった高碕達之助氏は2本の山桜をダムの上に移し替えることを決めた。
樹齢400年とも言われるこの桜を移植することは、不可能だと思われていた。しかし、植木職人の丹羽政光・桜研究の第一人者であった笹部新太郎らの尽力によって、この桜は移植を完了したのだが、この桜の管理費用は電源開発が負担している。

電源開発の株を巡っては、これからも外資ファンドと国の間で対立が続くかもしれない。しかし願わくは、村人たちの心のよりどころである荘川桜を、いつまでも支えてほしいものだ。

まもなく

まもなく、(俺の中で)山歩きシーズン開幕ですよー!
今年も楽しい山行になると良い。

昔のことを思い出す

ジッタリンジンの夏祭りは20年くらい前に流行した曲である。
何年か前にホワイトベリーがカバーして売れたけど、YouTubeにあったので聴いていた。
そしたら、昔のことを思い出してちょっぴりほろ苦くなってしまった。

ほろにがついでに、今日も飲んだくれてしまった。焼酎は芋だな。

ファミコン版 キャプテン翼

職場の方が、アキバで買ってきてくれた。
当面の目標は、石崎くんのシュートでミューラーくんの守るゴールを割ること、およびシュナイダーくんのファイヤーショットを森崎くんがキャッチすること。
現時点ではまだまだだが、だんだん選手たちのレベルが上がらなくなってきた。
今日は午後からずーっとキャプテン翼やっていた。

思い出した

先日、何を書こうとしていたのか忘れたけれども、ようやく思い出した。
それは、俺は国際弓道連盟の発足に反対するということだ。

弓道の精神を世界に広めるという考えは理解できる。
しかし、それは連盟を国際化してまですることではないと考える。
同じ「道」を歩む柔道を例に挙げる。柔道は弓道に先駆けて国際化の道を歩んだ。その結果、つい最近までタックルからポイントを重ねるようなレスリングまがいの技がまかり通るような、いわばスポーツになってしまった。
一本、技あり、有効に加えて「効果」なるポイントを付けられることにもなってしまった。
日本の柔道家からしてみれば、おかしな話なのではないかと思う。
柔道も弓道も、日本の伝統的な文化に根ざしているものである。それゆえ、勝敗を決するためにヘンテコなルールを追加されてはたまったものではない。
弓道だって、国際化の道を歩めば、望ましくないヘンテコルールを押し付けられて、「それが国際化ということだから」という理由で競技規則をねじまげられるに違いない。

名ばかりの国際連盟など、必要ない。
みんなをひとつにまとめることより、国内の日置、本多他多くの流派がかつての勢いを取り戻し、日本国内で多様性のある弓道を目指すべきであると考える。

忘却

何を書こうとしたのか、忘れてしまった…
確か、「この技術は伝承者が足りてないので、そのうちなくなってしまうかも!」みたいなことを書こうと思っていたのだけど、いったい何のことだったのかまったく思い出せずにいる。
よって、今日の出来事について雑多に並べてみた。

・福留の活躍もあって、カブスが好調とのこと。「偶然だぞ!」と書かれたプラカードで応援するアメリカ人がウケる
・金本選手はあと1本で2000本安打達成。
・所属していた大学の部活がGWの関東大会に出ることになった。不遇の時代を知っているだけにうれしい。個人的には、部員たちの奮起を促すためにいただいたヒレカツ定食(カツ=勝つに由来)がうまかった。
・部屋の掃除をした。掃除機をかけたけど、あまりきれいになってないような気がする。
・昇段審査の申し込みをした。やってやるぜ
・カレーを作ろうとして、やめた。晩ごはんはヨーグルトを食べた2時間後に、焼酎とおつまみで晩酌。

以上。

ベタ押し修正中

今日は午後より稽古。先輩が1歳になる愛娘を連れてきた。
うーん、やっぱり赤ちゃんはかわいい。あそんでいるのを見ているだけで、周囲がなごむぜ。
赤ちゃんは、夫婦の愛が形になったものであるという。俺もいつかは自分の子がほしいものよ。

さて、今日は筋肉痛の痛みを思い出すため、自身の限界まで弓を引きまくった。後半、そろそろ疲れが見え始めたころに戻ってくる感覚...! このところかけもだいぶなじんできたので、きれいに離れるのもちらほら出始めた。あとは狙いをもうすこし定めることと矢数をかけること。次の自分の戦いは5月の昇段審査なので、それまでに体配(体の動かし方)、筆記も万全を期しておきたいところである。

銀河鉄道999

やべえ…
エンディングで泣けた

子供のころ観ていたアニメである記憶はあるのだが、こんなストーリーだったんだね。
ストーリーの詳細はwikiでも見てくれ
昭和のアニメは15歳でも俺(30)より年上に見える。
そして少年は、青年もしくはおっさんになっていくのだ。

フロスピックが詰まる

フロスピックを使っていたら、詰め物をしていた歯のあたりでぶちっと切れた。
その時に、どうやら詰まってしまったようだ。歯間にものすごい異物感がある。
もういちどフロスピックを通すが、歯茎に届かず切れてしまう。
知恵袋サイトを見たけれど、「違う太さのものを選んでみては?」くらいのことしか書いてない。
爪楊枝やピックを何本も使うのだが、一向に取れない。
業を煮やした俺は、奥義「フロスピック2本差し」を編み出すのであった。
かくして詰まっていた細い糸は、俺の体内よりかき出されたのだった。
あぶないところだった…

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »