2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お買い得ウィジェット

無料ブログはココログ

« お前ら、痴漢すんな | トップページ | 知ってしまった »

天下の奇祭

群馬県長野原町にあるこの温泉では、毎年1月20日にお祭りが開催されるという。聞くところによると、参加者がお湯をかけあうものだという。そこで、いつもこういうイベントに同行するH氏とともに、このお祭りを見に行ってきた。以下、2008年1月19日(土)より20日(日)の旅行記でございます。

☆基本知識
川原湯温泉観光協会サイトに掲載されているものが一番正しいのでしょう。

□ 1月19日(土)
18:45 業務終了。急いで身支度を整え、待ち合わせの駅へ。

19:40 出発。だいたい予定通り。

22:15 お宿へ到着。今回のお宿は王湯(祭り会場)にほど近い丸木屋さん。

23:00 入浴。湯船は2人くらいで入るのが適当な大きさだった。お湯も飲めるようなので、飲んでみた。うん 温泉の味だ。なお、温泉は24時間入浴できました。ありがたや

00:30 ビール飲んで就寝。温泉のおかげで、ぽかぽかした状態で眠りにつくことができた。

□ 1月20日(日)
04:30 起床。デジカメに持参のサランラップを巻く。俺はスキーウェアと軽登山靴で武装。濡れないための措置である

04:45 祭り開始。太鼓の演奏。
Cimg0003


05:10 神事。神主、巫女、町長、商工会議所代表、総大将、紅白大将が玉串奉奠など。

05:30 町民が登場。お湯で温められたみかんを放り投げながら、ふんどし一丁でやってきた。まずは紅白それぞれ、源泉より汲んできたお湯を奉納。紅組は共同浴場の笹湯へ、白組は神社へ。その間に、観客には甘酒、みかん、日本酒がふるまわれた。氷点下7度のアナウンスが流れる。スキーウェア着ていても、寒い。

05:40 戻ってきたふんどし姿の町民が、王湯から汲んできたお湯をかけあう!「おいわいだ~!おいわいだ~!」といいながら、たがいにバッシャバッシャお湯をかける。むしろ、桶の中に入っているお湯をたがいにぶつけあっている感じである。観客にもお湯がかかる。取材に来ていたリポーターにも、お湯がかかる。みんなとっても楽しそうだ。
Cimg0045


06:20 空がうっすらと明るくなってきた頃、祭りはクライマックスのくす玉割りへ。総大将の指示でくす玉の下に集められた町民は、合図で一斉にくす玉にお湯をかける!くす玉は一瞬で割れ、中から4羽のニワトリが出てきた。ニワトリはすぐに捕獲されて、かごの中に入れられた。ニワトリは奉納され、総大将の手締めでお祭りは終了。ちなみに2008年は、3対1で白組が勝利をおさめた。
Cimg0063


06:30 再度就寝。寒い…

08:00 朝食。おなかがすいていたので、バクバク食べた。下の写真は、丸木屋さんからの眺め。
Cimg0064


10:00 チェックアウト。

10:10 温泉街から登っていったところにあるという、不動滝を見学に行くも、無情の冬季閉鎖中だったので断念。その後、神社にお祈り。神社のそばには新しい源泉があって、そこで温泉たまごをつくることができるのだが、たまごを売っている王湯に行ったところ、町民の方々がおつかれ会を催しているらしく、番台に誰もおらず。誰か呼ぶのも気が引けたので、たまご作りは断念。その後、温泉を後にする。

11:30 箱島清水。今回行った温泉と渋川を結ぶ国道沿いにある、日本百名水のひとつ。2007年にきたときにここの水がめちゃんこうまかったので、今回も水を汲んで飲む。今までの水が冷たすぎたせいか、ここの水は温かく感じた。

12:20 道の駅こもちにて昼食。昼食後、情報収集。

13:30 水沢観音参拝。本堂は立派だったが、そのまわりにお土産屋さん、水子地蔵、登山口などいろいろあって楽しめた。

14:30 猿田彦神社。群馬県に猿田彦神社はひとつしかないらしい。それほど大きい神社ではなかった。

15:00 帰路につく。

17:00 帰宅。

今回の旅も、みどころ満載であった。特に、祭りは俺達の期待をはるかに超えた、まことの奇祭であった。今後祭りを見に行く方に、いくつかポイントをお伝えしたい。

1.本当に寒いです。肌着にジャージ、スキーウェアで寒かったです。年にもよりますが、スキーのかっこうで見物するのがいいと思います。ほとんど動かないので、これでも寒いかも。靴は、ぬれると思ったほうがよいです。
2.会場となる王湯の通りをはさんで向かい側は、階段になっています。会場に出た4時半ごろにはすでに人でいっぱいでしたが、お湯をかけられたくない人は早めに階段の上にあがることをおすすめします。全体を俯瞰することができるでしょう。ただし、俺はお湯がかかったほうが楽しいと思いました。
3.見物客のマナーはたいへん良かったのですが、場合によってはお子さんや後ろの方に見学ポイントを譲るなどの余裕を持ちたいものです。今回は自分がいいところばっかり確保してしまったような気がして、あとでちょっと気まずかったです。
4.テレビ局の取材がくるので、もしかしたら取り上げられるかもしれません。今年はテレビ朝日「スーパーJチャンネル」、『便利屋大将』の収録で、放送は1月22日(火)テレビ朝日系で予定しているそうです。

« お前ら、痴漢すんな | トップページ | 知ってしまった »

「旅行・地域」カテゴリの記事