2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お買い得ウィジェット

無料ブログはココログ

« 「勝てない」 | トップページ | 自動車の評価とは? »

新型GT-R まもなく発表

次期GT-Rが、10月の東京モーターショーで公開される。
今回のGT-Rの中でも、大きな変更点は

・車名の変更(SKYLINE GT-R → NISSAN GT-R)
・エンジンの変更(直列型エンジン → V型エンジン)

のふたつだと思う。
特に、エンジンの変更は大きいと思う。
先代GT-Rは、グループAのホモロゲーションを取得するために排気量を2600ccとした。今回は280馬力の自主規制が撤廃されていることも含め、より大きな排気量のエンジンを搭載する模様である。
価格も上がり、予約希望者には700万円後半の案内がなされている。

R32からR34までの第2期GT-Rにおいて、日産は日本のモータリゼーションをリードしていた。R32などは当時の車と比較して「10年進んでいる」と言われていたし、その後続いたR34まではニュルブルクリンクのコースタイムをガンガン縮めていた。
しかし、販売面では決して好評とはいかなかったようだ。500万円を超える新車価格、エクステリアへの評価などが逆風となったが、決定的だったのはスポーツカーに対する世の見方だろう。「クルマは大人数でたくさんの荷物をはこべればよし」という風潮の中で、スポーツカーはどんどん衰退していったように思える。

そんな中、次期GT-Rがデビューする。世は、GT-Rにどのような評価を下すのであろうか。
他の車と同じように、「デビューしました」で終わるのか、世界のレースシーンを一変させるような車に成長するのか。どんな車であれ、楽しみ。

Img_1531_2

写真は、2005年東京モーターショーで発表されたGT-Rのコンセプトモデル。リアビューがカッコよかった

« 「勝てない」 | トップページ | 自動車の評価とは? »

クルマ」カテゴリの記事