2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お買い得ウィジェット

無料ブログはココログ

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

黄金の二遊間

今日の報道ステーションで、荒木と井端の特集をやっていた。
センターへ抜けようかという打球をセカンドの荒木がランニングしながら捕球し、ショートから走りこんできた荒木にトスして井畑がファーストへ送球するというシーンについて解説していた。
言葉で説明するよりも、映像で見るとマジですごい。このプレイを初めて見たのは昨年のペナントレース中だったと思うけど、俺はドラゴンズのファンで本当によかったと思った。

検査します

睡眠時無呼吸症候群という名前の病気を知ったのは、どこかの鉄道で事故を起こした運転手がかかっていたのをテレビで観たときだった気がする。俺は10年くらいまえから友人にいびきをかくことを指摘されていた。んで、そのいびきが途中で止まることも言われていた。当時はそんなに気にしていなかったけれども、今になって
・寝ている途中で目が覚める
・睡眠を十分に取っていたのに、昼間とても眠い
といった症状があらわれるようになった。むしろ、最近症状がひどくなってきたので、これはまずいと思い耳鼻科に行くことを決意した。
そして本日、簡易検査キットが我が家に届いた。これを装着して一日寝ると、翌日には検査データが取れて俺の病状が分かるということらしい。
今日は気合い入れて寝る。

思い出

以前撮った写真を見ていたら、懐かしくなって、そのあとちょっぴり元気が出た。
俺は相変わらずブサイクだったけど、だが、それがいい。

カッコよすぎる

俺の腕時計はシチズン。
シチズンである理由は、チタンのモデルが多いから。
俺は金属アレルギーのため、ステンレスはだめなのだ。
チタンは硬くて軽量だが、ステンレスのような輝きがない。
そこで、ブランドウォッチにはチタンモデルがほとんどない。
ブッ壊された腕時計のかわりに買った時計もまたチタンであったが、この時計はカッコよすぎる。
http://citizen.jp/attesa/lineup/rcw/532704.html
よくシチズンの時計はダサいといわれるが、そんなことはぜんぜんない。俺の中では現時点で最強である。
俺の人生の中には、まれにこういう出会いがある。見た瞬間「これはッ!」と思うようなもの。
なくさなければ、こいつとの付き合いも長くなりそうだ。

教育基本法改正

今日の衆議院で、教育基本法改正案が可決された。
現行の教育基本法は個人の尊厳を重視していて、公共の精神に関する記述がないことからこれを盛り込んだものとする、というタテマエのようだ。
それよりも、論点となっているのは「愛国心」の記述だろう。国の方針として「国を愛しなさい」っていうのは、なんだか違和感ある。もし俺が国から見離されたドミニカ移民で、国への憎しみを糧に生きてきた人間だったら絶対怒ると思う。俺が言うまでもないことだけれども、愛は人が強制できる類のものではない。それを強制することは、もはやそれは愛ではない。
よって、俺は教育基本法の愛国心の部分については改正案に反対いたします

スポーツの秋

今年の秋は暖かいと思う。
そして、この週末はこれでもかとスポーツざんまいだった。
まずは11月11日、今年はじめて集団で山歩きにいってきた。歩いてきたのは、群馬県にある十二ヶ岳。15キロほど歩いたが、左足アキレス腱の上が痛くなった。たいしたことはなかったけれど、次に山に行くまでに治しておきたい。帰りに春日部の居酒屋に寄ったが、ここでの酒はとてつもなく面白かった。今年の新入職員は、明らかに笑えるとあらためて思った。
そして本日、午前中は西武球場でお楽しみ野球大会が行われ、幸いにも西武ドームで野球の試合をする機会に恵まれた。前日あまりに激しく歩いたため、寝坊した。俺は足が痛かったので控えだったけど、途中参加で西武ドームを満喫した。抽選で野球大会を引き当ててくれた同期に感謝したい。試合は5-1で勝利した。
祝勝会に参加したかったが、今日は稽古に参加することになっていたのでそのまま帰宅。ラーメンを食べて午後は弓道の稽古に参加した。秋風が気持ちよかったが、夕方になって寒くなってきた。稽古にきていた後輩とラーメンを食べ、ようやく帰宅。洗濯機を2回まわして今に至る。
これからどんどん寒くなって、いよいよシーズンもオフとなってくる。体を動かすのもおっくうになってくるけれども、年末にスキーにいくための体を作っておかなければ。

さらば我が愛機

腕時計が壊れた上に、とどめをさされて絶命した。

事の発端は2006年11月7日(火)夜。これまで3分ほど遅れていた我が腕時計の時間を修正しようと、説明書に従いりゅうずを回す。しかし、俺のアテッサくんは反応しない。どうも以前よりりゅうずを回してもカチカチ言わなくなったと思っていたが、まさか時刻を合わせることができないとは… 時刻合わせ中には時計は進まないようで、結局7分遅れとなってしまった。
そして11月10日(金)、出張の帰りにこの時計を購入した店に、修理依頼。店員のおにいちゃん曰く
「これはオーバーホールしないとダメですね~ 動作を確認するためのモードに入ったら、動かなくなってしまいました。」

えっ、動かなくなったの?
動揺して聞いてみた。「修理にいくらくらいかかりますか?」
「そうですね… 1万3000円からですね」
なにィ、2万5000円で買った時計を1万円以上して直すことになるのか!なんてこった、しかももう動いてないし
とりあえず精神を落ち着けるため、撤退。この時点で天に召されてしまった俺の時計、ちょっと気の毒な最期であった。落として壊したなどであればあきらめもつくが、店員にとどめをさされてしまうとは…

うつろな目でしばらく時計コーナーをさまよっていたところ、俺の目に飛び込んできたのはやはりアテッサシリーズのとあるモデル。黒光りしていてかっこいい。むむ、これはウェブサイトで見たモデル、だが俺には高すぎるか、しかし俺はもう時計ないし、買うんだったら自分がこれって決めたやつのほうがいいし、でもこの店で買うと、俺の時計を葬ったあの店員と話しなくちゃいけなさそうだし、ここはひとつ、落ち着いて考えよう

ということで、再び精神を落ち着けるために秋葉原へ旅立った。
お手洗いへ行き、ウェットティッシュで顔面を拭き、あらためて違う電気屋の時計コーナーを物色する俺。20万以上する時計を眺めつつ、黒光りチタン時計をガン見する。そこへ店員さん登場。俺が金属アレルギーの持ち主であることをほのめかすと、このコーナーはみんなチタンですと紹介される。ふむふむ
黒光りの時計、出しましょうかと言われたので装着してみることに。うっ、これは俺が想像していた以上に軽い。店員さん曰く「チタンはステンレスの半分くらいの質量しかないんですよ。それに、この時計は他のチタン時計とコーティングが異なるため、強度が高く傷つきにくいのです。また、限定品です」ふむふむ
この時計はクロノメーターを搭載しているため、若干ゴチャゴチャしたデザインであった。そこで店員さんにもうちょっとシンプルなデザインの時計はないかとたずねたところ、とてもシンプルな時計を出してくれた。これはこれでよかったのだけども、いまひとつ盛り上がりにかける。
そこで、ちょっと聞いてみた。「実は先ほど我が時計が(おたくの店員によって)召されたのですが、下取りとかしてもらえないですか?」すると、店員のお兄ちゃんは「3000円で買取中です~」との回答。これにポイント還元とのことだったので、半ば勢いで購入してしまった。
たぶん、今年一番の高価な買い物だった。しかし、後悔はしていない。俺は下取られていったあいつのためにも、これから新しいこいつと一緒に時を刻んでいくことにした。

ありがとう、アテッサ。そしてこれからよろしく、アテッサ。

質素な生活

俺の人生には、ムダが多いと思う。
ぜい肉や衝動買いなど、かなりのムダ。
そこで、ムダなものをこのさい一網打尽にしてしまおうと思った。

…思っただけでは実行できないので、まずはムダと思えるものをピックアップしてみよう。
・ADSLの料金:安いプランがどんどん出てきてるのに、遅い速度に高い料金を払う必要なし
・FF11:たいしてやりもしないのに、月額料金1580円はムダすぎ(でもなかなかやめる決心つかず)
・食事代:最近晩ごはんを作るのをさぼっている
・ジム:ムダとは言い切れないけれど、月額8000円は厳しい
・生命保険:配偶者もいないし、掛金半額くらいでいいんじゃないのか?と思う
・外為:ハイリスク、ノーリターン(涙

これらの見直しからはじめてみることにする。

的中がすべて

昨日は中りについてずいぶんと考えさせられた。ただ中ればいいのではない。しかし、結局のところ中りで勝敗が決まる。もうずいぶんと議論されてきたことだと思うが、俺もまたその中で的中に関して考えなければならないところにきている。
俺が弓道を始めた時、体配は本当に最低限度のものしか教わらなかった。むしろ最低限度のこともできていなかった。それは、学生弓道において体配は必要のないものだから。よく連盟の方から「学生は体配がダメ」と言われたが、それだって「俺たちは中りで勝負してるんだ」という自負があったから、意に介さなかった。
いろんな考え方があるが、俺はやっぱり的中ありきなのではないかと考えている。どう考えたって、的中がないとだめなのだ。それも、周りを黙らせるほどの圧倒的な存在感がないとだめ。なぜなら、そうでないと自分が正しいことを証明できないから。
弓道は指導者によって、言うことが違う。みんなの言うことをすべて実行しようとしたって、消化不良に陥る。だから、俺は学生の頃からいろんな人の言うことに耳を傾けつつ、自分にとって必要なものだけを取り入れるようにしてきた。それが教本の教えに背くことであろうがなんであろうが、自分のスタイルを追求すべくやってきたつもりだ。
その考えが間違っていると思う人もいるだろうが、俺はそれでいいんじゃないかと思う。何も、教本に書いてあることだけがすべてじゃないと思う。入門した頃から、連盟に属さない先生に教わっていた俺にとっては、自分のやりたいようにやれていた頃の弓道のスタイルがいちばん気に入ってる。今後俺のスタイルに誰が口を挟もうと、自分のやり方だけは曲げないようにしていかなくちゃいけない。そう強く思った。

今さらながらメカニカルキーボード

PC量販店を物色していたら、メカニカルキーボードを見つけてしまった。
http://buffalo.jp/products/catalog/item/b/bkbc-mj109/index.html
980円と書いてあったので、レジに持っていったらレシートに1980円って書いてあった。くっ
使い勝手は、とにかくうるさい。ガチャガチャうるさい。職場でみんながこれを使っていたら、間違いなくうるさいと思う。パッケージには「確かな入力感」とある。確かに入力感はあるのだけれども、あまりのうるささに近所迷惑になってしまうのではと思う。
まあ、しばらく使ってみよう。

朝から流血

カミソリ負けして、頬が血だらけに。
刃を新しくしてから切れ味バツグンで、これまでの対戦成績は1週間で2勝4敗くらい。
剃りかた間違えてるのかな…

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »