2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お買い得ウィジェット

無料ブログはココログ

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

トリック or トリート

今日はハロウィンです、といっても、日本国民にはなかなかなじみの浅いものなのか… 今日行ったバプにも、仮装してるお客様はいませんでした。

我々を除いては

正直、浮いてました
でも、それが心地よかった

みんな仮装してきてくれたのが嬉しかった。
こんなイベントは、もしかしたらもうないかもしれない。
ひとつ心残りなのは、俺がY取さんの仮装グッズを持ってき忘れたことである。
申し訳ない!

再会

久しぶりに1コ上の先輩と、1コ下の後輩と飲んだ。
楽しかった。またやりたい。

オレ竜終戦

今年の日本シリーズでも勝てなかったか…
そんな日本シリーズでも、俺の中のMVPはダントツで井端。神がかった守備をバンバン見せてくれた。
次に日本一に挑戦するときには、期待してます!

これは、リバウンドか…?

体重が久しぶりに増加に転じている。
晩ごはんに大好きなラーメンを食べまくったせいかもしれない。
このままではメタボリック症候群におびえていたあの頃に逆戻りだ。
もう一度、自分の体にムチ入れてがんばらねば。

まあ、今のウェストまわりも十分メタボリ危険水準なんですが(泣

ちっ 売り切れか

amazonで午後7時から予約開始というので、午後9時にamazonのぞいたら「売り切れ」だと。世には俺以上にゲーム機に燃えている人がいるんだなあと思った。

漫画売却

古本屋で購入した文庫本サイズの魁!男塾全20巻をすべて売却した。
単価30円、合計600円を手にした。
たったこれっぽっちかよ!と思ったけれども、しかたあるまい。

花火大会のはずが

花火大会を見に行く予定だったのだけど、前日の大雨の影響なのか、延期になってしまった。しかたがないから栃木に遊びに行くか、ということで、友人と小山のメイド喫茶にゴー!
…そしたら、5月下旬に閉店していた。気を取り直して、宇都宮近辺にある秘法系博物館「性神の館」へ。1000円でかなり楽しめた。その後温泉に浸かり、宇都宮で餃子を食べて帰ろうという話になった。
餃子といえば、フードテーマパークの「餃子共和国」でしょ、ということで餃子共和国を探すも、情報がなかったために宇都宮駅の観光案内所で「すいません、餃子共和国に行きたいのですが」と問い合わせると
「餃子共和国は、6月30日をもって閉店しました」とのこと。なにィ
メイド喫茶も餃子共和国も、なんでできてすぐになくなっちゃうのだろう。しかたなしに、近くの餃子店で食べた。そしたらうまかった。
茨城に花火大会に行ったはずなのに、なぜか栃木で一日を過ごしてしまった。でも楽しかったから良かった。

恐怖による統治の是非

俺が学生時代に所属していた部活は、いまリーグ戦の真っ最中。だけど、現役男子がどうにもピリッとしない。つーか弱い。個人が弱いのではなく、全体が弱い。
練習の時にはさりげなく良い成績を出すのだが、本番になると2割減くらいの成績となる。言いようのない閉塞感。試合の後に後悔しているのか、遅くまで練習しているのを見ていると「そんな練習いいから試合で勝ってくれ」と言いたくなる。
今の現役は、部員減少に歯止めをかけるべく実施された「甘甘大作戦」(仮称)の申し子であり、めちゃんこしかられることなく育てられた世代なのだ。それゆえ、無意識のうちに試合に対する緊張感のようなものが欠如してしまっているのかもしれない。
それで現役が楽しければ、いいのかもしれない。だがしかし、勝負に負けて得るものがあるわけがない。それは敗者の言い訳だと思う。現役部員たちは、もっと闘志をむき出しにしてやらなくちゃいけない。
そのためには、誰かが鬼になって恐怖政治を行わなくてはならないこともある。今の現役に、それができる奴はいない。理由は弱いから。恐怖政治を行うために必要なのは、絶対的な力。力を背景に、力ない者たちを統べる必要がある。でも、恐怖政治は諸刃の剣である。やりようによっては部を崩壊に導く。
現役の中に抜群の力を持った奴がいて、それがむちゃんこ部を引っ張っていくのが理想的な姿だ。俺はOBだから、恐怖政治などする気にはなれない。でも、今の現役のヘッポコぶりを見ていたら、いろいろ口を出したくなってしまう。もちろん、恐怖といっても絶対手は出さない。

吉野家

豚丼食べにいったら、牛丼復活祭をやっていた。牛丼以外のメニューがないだと。米国産牛肉が完全に信じられないために豚丼を食べたかったが、牛丼をいただいた。味に頓着ない俺は、以前の牛丼との違いが分からなかった。

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »