2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お買い得ウィジェット

無料ブログはココログ

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

腹痛

ゲリった。
痛い

アイラブかつお

今日の晩ごはんはかつおぶしかけごはんだった。
それだけ。
かつおぶしさえあれば、他に何もいらない(ちょっと強がり)

かつおぶしのいいところは、
・ごはんに搭載してしょうゆをかけるだけでおいしい
・みそ汁のだしに使える
・ごはん以外にもいろいろかけて使える たとえばお好み焼きとか
・安い

ということで、今後しばらくかつおぶしに頼る生活が続くことであろう。
ちなみに、ウチには現在賞味期限ギリの卵が5個残っているが、コレステロール値の関係から一日ひとつに抑えたいところであるものの、このままいくと確実に賞味期限が切れるためある意味ジレンマに陥っている。10個50円なんて、そんな価格反則だよ。食べきれないよ…

同期集合

昨日、久しぶりに部活の同期で集まった。
男だけで集まったのだけど、全員顔をそろえることができて本当によかった。
たわいもない話で盛り上がった。
その後、ほとんどの男たちがうちに泊まりにきた。
ふとんの数が少し足りなかったけど、広さだけがとりえの我が家は俺を含めて5人を収容した。
みんな今日の午前中には帰ってしまったけれど、またみんなで集まりたいと思った。
やっぱ持つべきは仲間だなあ。

もんじゃ食べた

京都からやってきた知り合いと食事。
月島でもんじゃ焼きを食べた。
気がついたこと:
・俺はもんじゃ焼きの作り方を知らなかった
・アルバイトの留学生(アジア系)が俺より数倍うまくもんじゃ焼きを作っていてショックを受けた
・酒を飲まなかったので自分がもんじゃ焼きを作ることはなかった

うまかった。
また行きたいなあ

いい週末だった

この週末は、自分のやりたいことをじっくりやることができてよかった。
具体的には、

・山歩き
・ひたすらぐったり
・新しいウェブサイト構築
・酒

月曜日からの活力を得るのに十分だった。

万博

愛・地球博の来場者数が1500万人を超えたそうだ。
俺にとって何の魅力もないが、リピーターが多数いることを考えると、いくと何か面白いものがあるのだろうと思ってしまう。
しかし、なぜ日本でやる必要があったのだろうか。俺は、万博は途上国でやるべきものであるような気がしてならない。というのも、大阪万博あたりから日本は飛躍的な高度成長を遂げたイメージがあるからなのだろう。
あらためて万博は何かを考える。いろんな国の文化に触れ、自国の先進的な取り組みに夢を抱くというイベントなのではと思う。

職場の人と、山梨にある山にいってきた。
いままではひざ痛が出ていたが、今回は大丈夫だった。スクワット、エグザス、コンドロイチンが効いたようだ。関係各位に御礼を申し上げます。

今年のお盆のできごとだが、家族と長野でまったりしていた。
やったこともそれほど多くないけれど、紹介するならば
・温泉に入った
・マニアックなおまつりを見た
・掃除
ぐらいなもんだった。

入った温泉は、俺の中で毎度おなじみの鹿教湯温泉という温泉と、春日温泉という温泉。
いずれも車がないと行けないようなマイナーな温泉だが、両方とも泉質はいい(と思う)。
おまつりは望月というところでやっていた「榊祭り」というもので、規模はそれほど大きくなかったけれど町民たちの手作りまつりといった感じで非常によかった。川に火を投げ入れるのが有名らしく、見物客もそれなりに来ていたように思う。
自宅への帰りも渋滞はなかったけれど、ラジオをきいていたら宮城のほうで地震があったという第一報が。うちの近くも震度4だったらしいので、一風呂浴びたら様子を見てこようと思う。

マウスと宇宙

ドイツのマウスは宇宙に行ったことがあるらしい。
ほう、そういや日本にも宇宙にいったことのある着ぐるみがいたな。
あいつの名前なんつったっけ?
あーそうそう、ムック(違う)

星野SD

ドラゴンズ監督からタイガース監督を経て、現在タイガースシニアディレクターという肩書きの星野仙一氏。
現役時代はよく知らないけど、上司にしたい人ランキングで常に上位にいる人です。
そんな星野氏を監督にしようとしている球団があるという。
主砲ばっかり他球団から買収し、ペナント取れなかったからって次は監督か。
俺が星野氏だったら、万にひとつもその可能性はないと断言できる。
あの球団を倒すためだけにやってきて、今さらその球団の監督なんて考えられない。

落雷

昨日、自宅近辺に激しい雨が降った。
雷を伴ったため、職場で停電が起こっててんやわんやだった。
今朝、自宅から駅方面へ自転車を走らせていると、道路のあちこちに落ち葉のようなものが散乱していた。
きっと、川があふれたのだろうと思いちょっぴりブルーな気分になった。
だって、あの川よごれているんですもの

白髪染め

俺は白髪が多い。
はじめのうちは自分から見て右側のほうに生えていたが、このところ左側にも勢力を拡大してきた。
それがどんどん広がり、ついに真横まで生えてくるようになった。
朝起きて髪の毛をとかしていても、元気な白髪はぴょこぴょこ飛び出てくる。
むむ、これはいかんということで買ってきましたビゲンヘアカラー。
白髪を自然なブラックにするというこのヘアカラーで髪の毛を染めてみた。
結果、ほとんど白髪は目立たなくなった。床屋のおばさんに言わせると、効果は2ヶ月ほど続くらしい。
本当かどうか知らないけど、とりあえず様子を見ることにしよう。

にんにくしょうゆを作ってみる

実家にいた頃、にんにくをしょうゆに漬けたものがあった。
私たちはこれをにんにくしょうゆと呼んでいた。
んで、たまにはニンニクでも食べてスタミナつけるかと思い立ち、初めて自分で作ってみた。
作り方は、ニンニクの皮をむいてビンに入れ、しょうゆをどばどば入れるだけ。
あとはニンニクの色が変わったらできあがり。ニンニクの成分がしょうゆに入るので、しょうゆのほうは料理に使えそう。ニンニクは食べられる。

液晶を替えてみる

これまで数年間、15インチの液晶ディスプレイを使ってきた。
解像度はXGA。1024×768の画面で長いことやってきた。
でも、ちょっとものたりなくなってきた。というのは、ホームページを作るときとPDFを読むとき。
特にPDFについては、書類は縦に長いのに画面は横に長いので文字が小さくなってしまう。
ならばと思い、それより大きな画面を表示できる19インチの液晶にしてみた。
以前であれば10万円前後していたものが、2005年の時点では5万円程度で買える。
もっと安くなるんだろうが、それまでは待てなかった。
結果、画面は広大である。満足♪

餃子は宇都宮

今日は出張で宇都宮にきている。
今日、明日とお祭りが開かれているようで、街はたいそう賑わっている。
しかし、俺は一人で来ているため祭りには行かず餃子探訪へ。
駅前には金の餃子像があると聞いていたが、見当たらなかったためまずは店に行って餃子を注文。手始めにノーマル餃子をやってける。ふむ、なかなかうまいじゃないか。いつから有名なのか知らないが、ふつうにうまいよ。
その後、激辛餃子とチーズ餃子を注文。チーズ餃子は初対決だが、少しはやるじゃない。激辛餃子はその名の通り辛い。ラー油をかけるまでもない。ま、いずれにしても堪能した。
さて、ホテルに戻る途中に餃子像を見た。金じゃなかったが、むしろそんなことはどうでもよかった。そのポーズが珍妙でよかった。

久しぶりに

職場の人と飲みに行った。
楽しかった!

あと、和製英語にムカついた
「~をレコメンドする」ってなんじゃーい!意味わからん

日テレの検証番組

2003年に視聴率を不正に操作したとして日本テレビのプロデューサーが問題となった。
その後日テレは検証番組を作るとして、視聴者を中心にひとつの番組を作った。
それが先日放送された「モラルの花道」である。
俺の職場の学生が制作に参加したということを聞いて、急ぎで友人に録画してもらったのを見た。
ちなみに、俺はその学生を知らないし、制作側なのでもちろん番組には出ていなかった。

さて、番組の内容であるが視聴率の操作には一切関係ない。
番組テーマの「モラルを考える」以外、関連しそうなものがまったくない。
冒頭、この番組は視聴者と共に考えたなどという解説があっても内容としてはただのバラエティであった。

日テレは不祥事があった後に社内に組織をつくって、問題の原因や対策などを考えてきたって言ってるけど、この番組からはそういった取り組みを感じることができなかった。
でも、番組そのものは面白かった。
特に、「いらっしゃいませご主人様」といわれた客が「萌え~」と言うことがお約束になっている(らしい)というところまで分かった。

栃木めぐり5:日光

御前岩見た後に日光に行った。上司と行くことになるかもしれない男体山の下見をしてそのまま帰ろうと思ったら道が続いてなくて引き返した。
その後華厳の滝を見て群馬県沼田にある老神温泉に入った。今回の旅もそろそろおしまいだ。

栃木めぐり4:御前岩

6時半ごろ、今回の目的地である御前岩に到着した。下の道ばかり走ってきたため、尻が痛い。
岩は噂に違わぬ荘厳さを持って私を迎え入れた。その雄大さに30分ほど見入った。物産センターはまだ開店していなかった。
その後道の駅馬頭にて小休止、9時前に馬頭院に参拝した。

栃木めぐり3:おはよう

起きた。今日の行動を開始いたします
朝、デジカメの電池が切れて使いものにならないことが発覚したが、気にせずゴーだ!

栃木めぐり2:暑くて目覚める

寝苦しい。誰もいないおまつり会場を後に、寝場所探しの旅へ。いきなり道の駅にのみやがあったためそこにピットイン。このあたりは二宮金次郎が立て直した町らしい。
とりあえず睡眠取って、あすに備えよう。

栃木めぐり1:おまつり

8月1日より2日まで、夜を徹して行われるという高田山専修寺の夜祭り…と聞いて来てみたら、人いねえし。屋台閉まってるし。
だまされた〜!

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »