2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お買い得ウィジェット

無料ブログはココログ

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

越冬

今年の冬は暖冬なのかと思いきや、降雪量はとてもすごいらしい。
一晩で30センチ雪が積もったなんて話を友人から聞いた。
スキー場が繁盛する反面、震災で多くの影響を受けた新潟では雪下ろしも大変だろう。
願わくは、早く春が来て雪をとかしてほしい。

また雪かよ

もういいっつーの!
同窓会の打ち合わせがあって、帰ろうとしたら雨。
さいたま戻ってきたら雪。もう、疲れた…ということで、タクシー乗って帰ってきた。

今日もほりゑもんはがんばっていた。いけ、ほりゑもん、日本の商法を変えるくらいの勢いでいけ!

そうか、おかえり

たいへんだったみたいね~
(トラックバックのテストです)

時差ぼけ

なかなか治らないのよ。
遅くまで起きてしまったり、逆に昼間が眠かったり。
早くなんとかしないと、いいかげん業務に支障をきたしてしまいそうで。
上司は、日光浴びるといいって言ってたな。明日試してみよう。

(カナダ)帰国

帰国しました。
今回の思い出で印象深かったのは…

1.学生たちよ、本当にありがとう!特に寄せ書き、マジで感動した!!
2.アダムとアドリアーノという二人の若者が盛り上げてくれた
3.漢字はカナダ人に人気らしいが、お守りに書いてある漢字(晴久)がそれほどクールでないことが発覚
4.ナイアガラの滝に打たれるやつらを夏に見たことがあるが、水は汚染されていることが発覚
5.もえたん(萌える英語の本)がカナダのごく一部の若者に熱狂的人気
他多数

帰ってきてからでは思い出が急速に色あせるので、早く何らかの形にしなければ!

(カナダ)学生たちよ、さらば

今日は自分にとって、最後の授業の日。
そして、後輩ちゃんに業務を引き継ぐ日。
いよいよ帰国の準備もしなければ。
異国にやってくると2週間なんてあっという間に過ぎ去るものだ。
おそらく、滞在期間が1ヶ月でも2ヶ月でもそのように思うのだろう。
学生たちと過ごす2週間は、それは楽しいことばかりではなかったけど、多くのことを学んだ気がする。
彼らが日本に帰ってきたら、またいろんな話を聞きたいなあと思った。

ちなみに・・・
学生とアツい関係になってそのままゴールインというパターンが本学では散見されますが、自分の場合もれなくそんなことはありませんでした。まだハタチにもなってないからなあ。

(カナダ)帰国近し

気がついたら、もう帰国近いじゃないですか。
毎日書きまくるぜとのたまったわりには、ほとんど何もかけず申し訳ない気持ちでいっぱいです。
こっちは何事もなく元気にやっています。
ただ、部屋が乾燥しているのとテレビが英語ばっかで何言ってるのかわからないくらいです。
昨日見た番組は、クイズミリオネアの米国版。なんか日本のミリオネアと違って、みのの「ため」がないためさばさばした印象。あと答える人がみずからファイナルアンサーって言う。しかも即決。日本みたいにタラタラやってみののアップでCM突入なんてことはまずない。
こっちで見た日本の番組といえば、犬夜叉とハム太郎くらい。ウェザーチャンネルをかけっぱなしにしているので、天気のことはだいぶわかってきました。
これからは18日にやってくる後輩への引継ぎ文書を作成しつつ、おみやげをチョイスします。

(カナダ)今日やること

2月9日(水)今の時刻:午前10時55分

授業は毎朝10時から始まるが、その前に学生の様子を見た。
とにかく元気そうだ。
俺がいなくても大丈夫なんじゃないかと思うくらいだが、そのほうがお互いにとって都合がいい。
午後はこっちに住んでいる知り合いがやってくる。参加しなければならないイベントも盛りだくさんなのだが、それほど会う機会もないと思うので会える時に会っておこう。
昨日は時差ボケの影響か、午後まるまる寝続けるという怠慢。今日はバリバリがんばります!

いよいよ明日!

明日よりカナダにいってきます。
2002年に行って以来、2年半ぶりのカナダ。主役は自分ではないけれど、ワクワクドキドキ。
学生たちもきっとドキドキしてるはず。
向こうでは、学生の生活相談等が主な業務となる予感。
火曜日の午前中は向こうの先生が日本語を教える授業に参加するよう上司に言われている。
向こうでの仕事をきっちりこなすことはもちろんのこと、事務職員の引率の歴史を塗り替えるくらいの意気込みでいきたい。

今日のとんかつ

いつも俺にごちそうしてくれるとんかつ屋さん。感謝してます (^-^)
今日の肉てんぷら定食もすっげービッグサイズ!胃袋の中が肉で満たされた。
ちょっともたれた?いや、今のうちに日本の味をしみつけておかねば、日曜日からの洋食三昧に耐えられまい。
日本の食材売ってるかな。今からドキドキ

受験生新幹線間違い

今年も、新幹線を間違えて乗った受験生の親子が新幹線を臨時停車させた。
正確には停車を決定したのはJRなのだが、この新幹線は3分遅れで東京に到着したという。
JRは「あくまで特例」と温情停車であるとアナウンスしているが、きわめて大きな問題を含んでいるように思う。

受験生が試験会場で試験を受けられないことは、到着時刻を3分遅らせることに匹敵することなのだろうか?
この3分の遅れのせいで昇段が成立しなかったビジネスマンがいたとしたら?
この親子は本当にそこまで考えて車掌に相談したのか?

JRの対応は、良い意味でも悪い意味でも日本的だ。そして、それを毎年のように取り上げる日本のマスコミもいわずもがな日本的。なんか受験生を救ったということが受験シーズンのお約束になっているようで、これがはがゆい。
願わくは「受験生、乗り過ごして試験受けられず!」といったものをあえて記事にしてほしい。
まあ乗り過ごして試験受けられないってのはどこにでもある話で、こんなのが記事になったら世も末だ。

ハロゲンヒーター

実家のほうで1980円で購入された800ワットのハロゲンヒーター、ぜんぜんあったかくない。
洗濯したばかりで水分をたっぷり含んだTシャツなどは近づけると湯気を出すが、それだけ。
ただまぶしい、それだけ。
もうちょっとどうにかならんもんかねえ。

今日の自販機

今日は職場で入学試験あり。
入試の日は自販機会社様のご好意で、一部の自販機が無料で飲み放題というなんとも景気のいいラッキーデーなのだ。
そんなわけで俺もボタンプッシュ!したら、あろうことかコップがでてこないでココアが「ダバー」とでてきた。
えっ?紙コップないの?と思い、近くに置いてあった紙コップをセッティングして再度プッシュ!
そしたら、紙コップが2コでてきて俺が設置した紙コップの上にスコッと入りその上にココアが注がれた。
都合3つの紙コップ。しかもいちばん下のは重みで抜けなくなっていた。

松下の特許

「バルーンヘルプを表示するきっかけとなるマウスマークの表示が、アイコンである」ため、ジャストシステムは松下電工より特許侵害で訴えられ、一太郎および花子を販売停止とする仮処分が下されたそうだ。
俺に言わせれば、あんなもん特許でも何でもない。アレが特許なら、俺が開発したもっとすげえネタを特許として申請してやる!
ちなみに公衆の面前ではとても言えないことなので、どうしても気になる方はメールください

タケオさんきたー

読売読者限定の話題なのだが、朝刊の4コマ漫画「コボちゃん」の影の主役、タケオおじさんがついに結婚するっぽい。

http://uedada.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/img-box/img20050130141035.jpg

タケオは中学の先生で同僚の花田先生に自分の思いを伝えきれないところがあり、この前日のコボで花田先生の見合い話を聞きつけてプロポーズに至るわけなんだが、なんとも単刀直入なもので花田先生もこれにはびっくりしたことであろう。

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »