2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お買い得ウィジェット

無料ブログはココログ

« 目標 | トップページ | 昨日の弓道大会 »

キャプテンといえば翼

ちょっとあれ~みな~ エースがとーおおる~♪
こないだ久しぶりに「キャプ翼」を熱読したのだが、やっぱりあのマンガはいい!
なにがいいかと問われたならば、日本のサッカーが国際的に全然注目されていない頃に、世界を制するという大きな夢を持ち込んだことがいい。

キャプテン翼を知らない人のためにごく簡単に書いておくと、翼こと大空 翼は子供の頃からサッカーボールと共に育ったサッカー少年。小学校の頃からライバルたちとの数々の出会いがあり、戦いの中で友情や確執が生まれ、最後にはライバルたちと共闘して世界ジュニアユース選手権でドイツを破って世界一になり、サッカーの師匠ロベルト・本郷と共にブラジルへ旅立つ、というもの。
全体が36巻くらいまであるのではしょりすぎた感があるけど、だいたいこんなもの。
ロベルトは翼が小学校の頃、全国大会で優勝したらブラジルへ連れて行ってくれると約束する。しかしロベルトは翼を残し、単身海外(どこだか忘れた)へ去ってしまう。これには理由があるのだけど、しかし、サッカーを続けていれば必ずどこかでロベルトに会えると信じていた翼は世界を制し、ロベルトと感動の再会を果たす。

サッカーそのものはちょっと非現実的なところがある。
中学生の蹴ったボールが壁にめり込んでみたり、そんなシュートを顔面でブロックしてみたり。
でも、人間ドラマとしても楽しめるマンガなのではないかと思う。
古本屋で立ち読みしてみることをおすすめします。

« 目標 | トップページ | 昨日の弓道大会 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6030/2082196

この記事へのトラックバック一覧です: キャプテンといえば翼:

« 目標 | トップページ | 昨日の弓道大会 »